「防炎製品」にはどんなものが

燃えにくい加工がされている防炎物品が、一般の家庭にも広く普及すれば、失火による火災の被害が軽減され、大きな火事になることを防ぐことになることは間違いありません。そこで、消防庁の指導により、寝具、衣服類等の防炎性能を、消費者の立場にたった第三者機関である「防炎製品認定委員会」において認定するようになりました。この委員会において認定されたものが「防炎製品」と呼ばれるものです。

防炎対象物品の見分け方

マーク
防炎製品にはこのような「防炎ラベル」(何種かあり)がついていますので必ず確認してから購入しましょう。
布などの繊維に直火が接触しても燃え広がらないように加工したものを防炎対象物品と言います。そのなかでも防炎対象物品は、防炎物品と防炎製品に大別されています。

1.防炎物品とはカーテン・布製のブラインド・暗幕・じゅうたん・展示用合板・どん帳・工事用シートなどがあります。
2.防炎製品とはふとん類(布団・座布団・ベッドパッド・枕・マットレス)・毛布類(毛布・タオル)・敷布カバー類(布団カバー・毛布カバー・枕カバー・アームカバー)・衣類(エプロン・パジャマ)など。

これらの防炎製品は、まだそれほど多く普及しているとは言えませんが、カーテンやエプロン、ふとんに使用していれば、いざという時に大きな火災になることを防いでくれることでしょう。防炎物品等の購入には(財)日本防炎協会の認定する安心マーク付き防炎ラベルがついているものを買うようにしましょう。



【関連サイト】

・関連サイト JFRA 日本防炎協会



■夫婦関係のお悩みにまつわる詳細な体験談を、noteで公開スタートしました
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)

経験シェアリングサービス「エクシェア」の、新コンテンツです。
不倫、モラハラ、シングルマザーの恋愛など、なかなか語られることのない体験談を、細かく、具体的に語っていただきました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。