寝タバコによる火災 東京消防庁消防科学研究所










寝タバコによる火災東京消防庁科学研究所
平成14年に発生した全国の火災の総出火件数は63,575件で、そのうちタバコによる火災は、6,749件。全体の約10パーセントを占めていました。

タバコによる火災の場合、ぼやや一部焼失など、比較的規模の小さい火災でも、死者が発生してしまいます。これは、火災の原因のほとんどが、【寝タバコ】だということに原因があるのです。

熱や炎も怖いですが、枕元で発生するために、一酸化炭素中毒により命を落とすことも少なくありません。



ポイント タバコが原因の火事

原因寝タバコをして、煙草の火種がふとんに落ちた(煙草を落とした)。

原因タバコを灰皿に捨てたが、消し損ねて他の吸い殻が燃え始め、ガラスの灰皿が割れて延焼。

原因吸い殻をゴミ箱に捨てたら、消えていないタバコがゴミに着火。

原因灰皿に、吸いかけのタバコを何気なく置いていたら、そのまま忘れて出かけてしまい火災になった。

ポイント タバコを吸う上での注意点!

防火の対策「寝タバコは、しない、させない」を徹底する!

防火の対策灰皿には吸い殻をためておかない。

防火の対策灰皿には水を入れておく。

防火の対策タバコの吸い殻は、必ず灰皿に捨てる。

防火の対策吸い殻をゴミ箱に捨てる時は、水をかけるなどして十分注意する。

防火の対策ふとんの上ではタバコを吸わない。

防火の対策ふとんの側には灰皿をおかない。

防火の対策飲酒をした時には、普段よりも注意してタバコを吸う事。

ポイント 注意事項注意事項

※ふとんに火種が落ちた時は、完全に消火できていないことがあります。綿は、いったん火がつくとなかなか消えません。ふとん全体を水につけるようにして、長時間置いておきましょう。間違っても干したりはしないように!

以前、近所にある布団を作る工場から出火した時は、とても火勢が強くて数件の家に延焼しましたが、工場の火はなかなか消えず、数日間消防隊が見張っていたそうです。

ポイント 住宅用防災機器を活用しよう。

おすすめ!防炎製品には、ふとんやシーツだけでなく、パジャマやエプロンもあります。

おすすめ!住宅用の火災警報機は、火災時の熱・煙を感知して警報音で知らせてくれます。

・火災の早期発見で延焼を防ごう! 我が家の常識!『火災警報機』

・絵解き火災警報機 【図解】火災警報機の設置方法

絵解き火災警報機 【図解】火災警報機の設置方法2

おすすめ!住宅用スプリンクラーは、火災による熱を感知して自動で水を放出します。

自動消火器具も役立ちます。

自動消火装置の設置をお奨めします 消火するのも時代は「オート」

おすすめ!住宅用消火器を用意しましょう。選ぶ際は、適応する火災の表示に注意して購入することが大事。また、天ぷら油火災などは、エアゾール式の消火器を別に準備するといいでしょう。
注:ハロンガスタイプの消火器では、天ぷら油火災を消火できません。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。