伊東・伊豆高原のエリア概要

Anginsai.jpg

伊東按針祭の花火

電車でアクセスする場合、伊東駅は熱海駅から乗り換えて22分、JR伊東線の終点駅です。首都圏からは「踊り子号」を使えば直通。さらに伊豆高原へは、伊東から伊豆急行(多くの場合、伊東線直通)で18分かかります。伊東は湯治場としての歴史が古く、温泉の湧出量は伊豆の中でも一番! アクセスもしやすいため、熱海と肩を並べて伊豆を代表する温泉地となっています。文人や芸術家に愛されたため、町には歴史ある建物や記念碑、オブジェも多数見られます。

 

あ

 みかん狩りも楽しめる

また、海と山に挟まれていることもあって、ゴルフやダイビングなど海山どちらのアクティビティを楽しむにも最適なエリアです。宇佐美はミカンの産地としても有名で、オレンジロード周辺にはミカン狩りのできる観光農園がたくさんあります。

 

auberge.jpg

 レストランやオーベルジュも数多い

伊豆高原は、お洒落なオーベルジュや洋館風のペンションが多い高原リゾートです。個性的で小さなミュージアムや体験工房が多いのも特徴。近年ペット連れで訪れることのできる宿や施設も増えてきました。

断崖絶壁で知られる城ヶ崎海岸周辺には吊り橋など観光名所が多数あり、同地はロケ地としても度々利用されています。

 

観光プチアドバイス

電車でアクセスする場合、場所によっては宿までかなり離れていたり、近くても高台だったりして、バスやタクシーを利用しなくてはならないケースが多いです。予約をすれば無料送迎のある宿もあるので、事前に確認しておきましょう。

伊豆高原周辺では陶芸、創作ジュエリー、オルゴール作りなど多種多様なクラフト体験のできる施設があります。これらは要予約、もしくは予約優先の場合がありますので休日などは事前に問い合わせておくと安心です。

バスでの周遊には、伊東市内のほぼ全域で使える伊東観光フリーパス(1300円/有効期間2日間)や伊豆高原エリアを中心に使える伊豆高原・城ヶ崎バスフリーきっぷ(800円/有効期間当日限り)が便利でお得です。

伊豆に宿泊する場合、旅館などでは夕食には和食・海鮮料理がやはり多いもの。ですからランチは洋食を、と考える方も多いでしょう。そんな時には伊豆高原エリアに行けば、事前に調べなくても美味しそうなレストランが多数見つかります。