離婚について相談できる場所

たそがれ
「たそがれ…私の太陽は隠れてしまった」
大まかに挙げると以下のような相談機関があります。

●離婚に関わる各相談機関別~特長


・公共の相談所
市区町村では、相談内容別に曜日がきめられて、無料で相談を受け付けています。各自治体の広報に案内が掲載されていますが、ない場合は最寄の女性センターでも相談できますし、また「いのちの電話」もあります。

・民間の相談所
離婚相談・離婚カウンセリング・夫婦問題カウンセリングを有料で行っています。離婚や夫婦問題を専門としているので、かなり心強い相談機関です。相談者が最も幸せになれる道を一緒に考えてくれます。離婚ではなく、修復へのプランを用意しているところもあります。また心のサポートから弁護士の紹介までトータルで行っているところもあります。ただ、離婚や夫婦関係修復を専門としているところは非常に数が少ないです。電話やメールによる相談もあります。

・家庭裁判所
家庭裁判所内には、家事相談室というものがあり、まず、そこで調停でどんな相談ができるか、解決できるかということについて、弁護士に相談ができます。そして家庭裁判所で調停を申し立てて夫婦で話し合った方がよいということになれば、調停申立ての手続きをして、調停委員を介して夫婦の話し合いを進めていくことになります。

・弁護士
弁護士事務所に直接問い合わせて相談もできますが、弁護士会や法律扶助協会でも弁護士相談を行っています。親権、財産分与、慰謝料、養育費等、離婚に関わる法的な問題については、弁護士に相談しながら決定していった方がよいです。

・心療内科
暴力や暴言など夫婦間の問題や離婚問題そのもので深く傷ついたり、うつ状態になっている場合は、心療内科でカウンセリングや薬による治療を受けた方がよいです。

離婚問題の段階や内容ごとに、その時その時どんな相談をどこに持っていったら最適か、考えてみることが大切です。


→次ページでは、ここに行くならこんな準備~各相談機関別準備について!