アメリカ人はサンフランシスコと言うと「環境保護に積極的でヘルシー・オーガニックフードにこだわる街」をイメージします。市民の憩いの場、ゴールデンゲートパークに溢れる自然や海、きちんと整備・清掃された街並み、そして常に平和や環境問題を意識している住民たちが大きな理由。

そんなサンフランシスコの街には、全米でもトップレベルのベジタリアンレストランやヘルシーフードのお店が点在しています。みずみずしいオーガニック野菜を食べると身体の調子も良くなり、旅の疲れも吹き飛ぶはず! オススメのランチとディナースポットを2店、ご紹介します。


海沿いの老舗ベジタリアンレストラン「グリーンズ」

ケーブルカー
海に向かって走るパウル・メイソン線。ケーブルカーは片道5ドル。
ユニオンスクエアからフィッシャーマンズワーフまでケーブルカー「パウエル・メイソン線」で約10分。終点で下車し、フィッシャーマンズワーフから海沿いに西へ徒歩20分、海に浮かぶアルカトラズ島や名物チョコレート店ギラデリスクエアなど絵に描いたように美しい景色に圧倒されながら歩き続けると、緑生い茂る丘陵にたどり着きます。フォート・メイソンと呼ばれるこの場所は米軍基地の跡地。今では、50以上の非営利団体やアートギャラリー、カルチャーセンターが集まる地区となっています。

フォートメイソン
窓際の席からは真っ青な海とマリーナの波止場が見える
この一角にあるのが25年以上の歴史を誇る老舗ベジタリアンレストラン「グリーンズ」。もともとは倉庫だったため、広々としたスタジオのような空間に陽の光がたっぷり差し込む大きな窓がとても解放的。窓の外には真っ青な海が広がり、思わずため息が出るほどステキです。12種類もの木を使ったインテリアはアットホームな雰囲気をプロデュースし、自然にこだわったこの店ならでは。窓際の席に案内してもらいましょう。

サンプラー
サンプラーの内容はどれもとても美味しい
契約している2件の農家からオーガニック野菜を仕入れて作られている、メニューは毎日日替わり。さらに、その内容はとてもユニークで、地中海やメキシコ、中東、アジアなどエキゾチックなテイストを取り入れているため、珍しい野菜の名前がずらりと並びます。わからない食材があればフレンドリーなウェイターにオーダー前に質問してみるといいでしょう。「キノコの一種」「お米のようなもの」などとわかりやすく説明してくれます。

「どれも美味しそうで悩む!」と言う方にオススメなのが「サンプラー(※英語で「一品料理の盛り合わせ」の意味)」というセットメニュー。これはほぼ毎日メニューにありますが、どれもビックリするほど美味しいです。例えば地中海サンプラーにはチーズ・リーク・タイムのパイ、クスクスサラダのチェリー・アプリコット・ピスタチオ・シトラス・生姜和え、ビーツとマーシュ入りハマス、オリーブ、グリルド・ピタ、トマトの辛味ジャム。このユニークでバラエティーに富んだお料理のどれもがどこか馴染みがある味でとても美味しいです。是非お試し下さい。

その他にもほうれん草のニョッキの様なシンプルなお料理もオススメです。お食事の後はフォート・メイソン内を散歩してみるのも良いでしょう。

■ Greens Restaurant
  • 所在地:Building A, Fort Mason Center San Francisco, CA 94123

  • TEL:(415)-771-6222

  • 営業時間:ランチ 12:00-14:30(火~土)
    ブランチ 10:30-14:00(日)
    カフェディナー 17:30-21:00(月~金)
    コースディナー 17:30-21:00(土)
  • ウェブサイト:www.greensrestaurant.com


  • 次のページでは、有名なフェリービルディング内にあるオシャレなアジアンレストランをご紹介!