ブランチのおいしい店に連れて行って!

カウ・ハロー
カウ・ハローのもうひとつの有名なブランチのお店、「ペリーズ」

その日は午後1時過ぎにはサンフランシスコを出発しなければいけなかったので、最後のサンフランシスコの一日をとびっきりおいしいブランチの店で締めくくろう決心し、朝9時にホテルを出発しました。

アメリカ人の連れ曰く、「地元の人がよくいく、おいしいお店を見つけるなら、地元の人に聞くのが一番」ということで、ユニオン・スクエアから拾ったタクシーの運転手に早速「おいしいブランチの食べられるところはどこ?」と聞いてみました。中東系の若い運転手は熱心に考え込み「うぅーん・・・ブランチねえ。よくわからないけど、ユニオンストリートのあたりはレストランがたくさん固まってるよ。」と教えてくれました。

「じゃあぜひそこに連れて行って!」と地図を見るとサンフランシスコのヤッピー達が住むパシフィック・ハイツの近くのようです。サンフランシスコの坂をいくつも越えながら、風景はどんどん閑静な住宅地に変わっていきました。

コーヒーハウスで耳寄り情報をゲット!


さすが日曜の朝9時過ぎということで、ほとんどのレストランはまだ閉まっていました。その中で、フレンチクレープのお店を発見。でも、アメリカンスタイルのブランチスポットを見つけるのがその日の使命だったので、コーナーにあるカフェで、「このあたりにある、おいしいブランチのお店を知っていますか?」とコーヒーを買いもしないのに、聞いてみました。

カウンターにいた、ちょっとハンサムな日系アメリカ人のお兄さんは「ユニオンストリートのローズカフェがおすすめだよ」と親切に教えてくれました。ここで働いている人が言うんだから確かな情報に違いないと、行き方を聞きながらも期待はどんどん高まっていきました。