バンコクで行列が出来るハーバル治療+マッサージの店

BTSからもアクセスの良い場所にある3号店(c)yoko sakamoto
タイには、400年前から伝統医療として受け継がれている治療法があります。日本ではあまり馴染みがありませんが、「ハーバルボール治療」と言います。タイ古式マッサージと併用して行われると、更に血行が促進され効果が得られやすいということでタイ人にも観光客にも今でも人気の治療法。今回は、このハーバルボール治療が受けられる店として、バンコク市内でいつも行列が出来ることで有名なお店アジアハーブアソシエーションをご紹介します。ここまで支持される理由はどこにあるのでしょうか?(実際にガイドが体験してきたレポートは次のページで。)

美肌を作り免疫力を高めるハーバルボール

ハーバルボールとは、選びぬかれた数種類のハーブを木綿の布で包んだもの。それを蒸し器で温めたあと、全身に優しく押しあて、ハーブの持つそれぞれの成分を浸透させる民間療法のことです。タイ古式マッサージやオイルマッサージと併用して行われることが多いようです。

主な効用としては、血のめぐりや身体の毒素の排出、自己免疫力の活性などを促し、病気になりにくい身体へ導いてくれるとい言われています。医学の進歩した現代においても注目され続けていることに効果の高さがうかがえます。また、女性にとっても嬉しい効用として、ハーブの力が代謝や発汗作用を高めるため老廃物を排出しやすい体になり、むくみが解消されると言います。老廃物が排出できるのですから、当然肌の調子もよくなり。美肌効果も期待できるという訳なのです。

100%オーガニックで作られるハーバルボール

これがこだわりのハーバルボール。100%オーガニックのハーブを使用しているので安心(c)yoko sakamoto
今回ご紹介するアジアハーブアソシエーションはバンコク市内に数あるハーバルボール治療も行えるマッサージ店の中でも、日本人のみならず世界各国からの旅行者、地元のタイ人も訪れるほどの人気店。バンコク在住日本人ならその名前を知らない人はいないでしょう。驚くことにオーナーは、日本で化粧品開発の研究員を長年行ってきた日本人女性。医療プロジェクトの研究員としてタイを訪れたときに、ハーバルボールに出会ったそうです。その時、ハーバルボール治療を実際に体験し、その素晴らしさに惹かれ、ついにはハーバルボールのマッサージ店をオープンさせるまでに至りました。現在はバンコク市内で3箇所、チェンマイで1箇所と展開されています。

タイ伝統医学の処方に基づいた18種類以上の生ハーブが使われているハーバルボールは、その鮮度ゆえに長く保存できません。毎日自社の工場で、丁寧に手作りされています。アジアハーブアソシエーションでは、完全オーガニックの素材から作られたハーバルボール治療と伝統的なタイ古式マッサージやオイルマッサージなどを組み合わせた豊富なメニューから自分に合った治療が受けられます。

【メニュー例】
■100%ピュアオイルボディマッサージ+生ハーバルボール治療
90分1000B(約3300円)120分1200B (約3960円)
ホホバオイルまたは、ビタミンEオイル、オリーブオイルの3種類から選んだオイルで身体全体をマッサージ。

■タイ伝統古式ボディマッサージ+生ハーバルボール治療
90分650B(約2145円)120分800B(約2640円)
タイ伝統古式マッサージで身体の緊張をほぐし、血行をよくしたあとで生ハーバルボールを身体に押し当てる。

■AsiaパーフェクトFor ボディ(ホホバアプリコット ボディスクラブ・100%ピュアオイルボディマッサージ・生ハーバルボール治療のパッケージ)
2時間30分1620B(約5346円)3時間1800B(約5940円)
100%ホホバオイルをベースにアプリコットの種子を細かく砕いたスクラブを使う。

次のページはガイドのハーバルボール治療体験レポートです。