バンコクの歩き方のポイントはエリア別特徴を掴むこと

寺院観光からショッピング、ナイトライフにグルメと旅行の醍醐味を余すところなく満喫できる都市バンコク。東京にも引けをとらないくらいの大都会ではありますが、旅行者が足を運ぶ中心部エリアは限られていて、アクセスも便利。今回はバンコク市内を大きく7つのエリアに分けて、それぞれの特徴や見所をご紹介します。

観光スポットの集まる「王宮周辺」

夜になるとライトアップされる王宮や周辺寺院は幻想的で美しい(c)タイ政府観光庁
初めてのタイ旅行ならまずは訪れたい場所が、バンコク中心部からチャオプラヤー川沿いの西に位置する「王宮周辺」エリア。バンコク観光には欠かせない3大寺院(エメラルド寺院、涅槃仏寺、暁の寺院)と王宮があるのがこのエリアです。そのほかにもワット・マハタートなど由緒ある古い寺院も集まっています。

これだけ有名観光スポットが集まっているのですが、実はバンコクの中心地から少し離れていて、周囲にはBTS や地下鉄などの公共交通機関もありません。その分、次に紹介する「ヤワラート」からこの周辺にかけて大規模な工事や開発がほとんど行われたことがないため、古い町並みが集中していて独特の趣を醸し出しています。

1はく100バーツ(約280円)~泊まれるゲストハウスの並ぶカオサン通りは露店で売られている服や雑貨も安い
また、近くにはカオサン通りという安宿や格安航空券を取り扱う小さい旅行代理店が集まっているバックパッカーの聖地があります。バックパック旅行の流行っていた1990年代後半から2000年代前半当時は日本人の姿もよく見かけ、なかにはほぼ日本人専用となっているゲストハウスまでありました。

しかし、最近ではめっきり日本人バックパッカーの数は減ってしまい、通りで見かけるのはヒッピー風の欧米人かショッピングに来ているバンコクっ子がほとんどです。この通りの店ではお洒落な雑貨や服も多く売られていて、市場並みに値段も安いので、おみやげを買うためだけに訪れるのもおすすめです。また夜遅くまで営業しているので、昼間は観光を楽しみたい人にとっては夜もショッピングのできる貴重なスポットでもあります。