初めてのひとり旅にピッタリなのが、都内のシティホテルの「ひとり泊まり」。日常のすぐそばにある非日常空間だから、極めてハードルは低そう。最近はレディスプランにもシングルステイOKのプランが増えてきて心強いものです。交通費がかからない分、宿泊費に回せるメリットもあります。

今回は女性の憧れ&支持率NO.1、フォーシーズンズホテル椿山荘 東京の「レディス ステイ プラン」をご紹介します。


45平米のスーペリアルームでひとり時間を過ごす

スーペリアルーム
日本庭園を望むスーペリアルーム。せっかくのステイは贅沢にくつろぎたい(1室につきプラス1,000円でグレードアップ可能)
チェックインしたら早速客室へ。45平米という広々としたスーペリアルームは、ベッド、32インチの薄型液晶テレビ、ライティングデスクのほか、独立式のシャワーブース完備のバスルーム付き。エレガントな内装の客室で、ひとりの時間を悠々自適に過ごせそう。客室にロングTシャツのルームウェアと、京都「よーじや」のあぶらとり紙が用意されているのも、うれしい心づかいです。

基本プランはシティビューの客室ですが、一室につきプラス1,000円で、2万坪の日本庭園を望むガーデンビューの客室にグレードアップも可能です。窓の外には豊かな自然に包まれた日本庭園が広がり、四季折々に移り変わる表情が疲れた心を癒してくれます。春から夏にかけては桜、ツツジ、かきつばた、アジサイが咲き誇り、晩秋には紅葉が目を楽しませてくれるのです。


「悠YU,THE SPA at Four Seasons」でリフレッシュ!

「悠YU,THE SPA at Four Seasons」
「悠YU,THE SPA at Four Seasons」の自然光溢れる屋内プール。日頃の疲れが癒されます
昨年11月にリニューアルオープンしたスパ「悠YU,THE SPA at Four Seasons」の利用もプラン特典のひとつ。フィットネスジムで汗を流し、自然光が降り注ぐプールで思いっきり泳いだら、緑が目に優しいプールサイドのジャグジーでゆったり体をほぐしたいもの。

伊東温泉から運ばれてくる天然温泉に浸かれるのも、都心のホテルとしては画期的! 何と総檜造りのお風呂なのです。オプションでアロマトリートメントを受けるのもいいでしょう(予約制・別料金)。

ディナーのあとは、日頃ひとりで行く勇気のないバーへ繰り出してみたいもの。メインバー「 ル・マーキー」は落ち着いた雰囲気の大人のためのバー。カウンターに堂々と座り、バーテンダーさんに好みを伝えてオリジナルカクテルを作ってもらいましょう。酔いに任せて、じっくり話を聞いてもらうのもいいかもしれません。今日は家に帰る必要なんてないのですから……(ディナー及びバーの利用は別料金)。

翌日は思いっきり朝寝坊して、チェックアウト後にアフタヌーティーを楽しむことにしましょう。くわしくは、次ページへ。