筆者が自腹で飲み食いして推薦する
うまくて心地よい「行きつけにしたい飲み屋」ガイド

今回から新しくシリーズ企画を始めます!
題して「こちとら自腹だがね! 名古屋・ホントにうまい夜メシ屋」
日頃から食べ歩きを仕事かつ趣味にしている私・大竹が、本当におススメしたいお店を身銭を切ってご紹介します!

ジャンルは居酒屋を中心に、食事とお酒が両方楽しめる店なら何でもあり。できるだけ出張族や旅行者が足を運びやすい都心部のお店を中心にセレクトします。
料理がおいしい、お酒が充実している、大将のキャラがいい、雰囲気が和める、安い…、基準はいろいろありますが、何よりのジャッジポイントは筆者自身が「また行きたい!」と思えるか否か。実際にくり返し足を運んでいるお店、お気に入りになった新規開拓のお店を、選りすぐってご紹介していきます!

【『自腹だかね』~こんな人に利用してほしい】
・ 名古屋に出張で来て「1人で入れるいい飲み屋ないかな」と思った人
・ 名古屋旅行で訪れ「一見でも入りやすい居酒屋ないかな」と思った人
・ 名古屋に遊びに来て「彼女と気軽に入れる食べ物屋ないかな」と思った人
・ 名古屋に住んでいて「行きつけにできる店ないかな」と思った人
・ 名古屋にたまたま立ち寄り「とにかくうまいもん食いたいな」と思った人
・ 名古屋に友人が遊びに来て「喜んでもらえる雰囲気のいい店ないかな~」と思った人

音楽好きで気さくなマスター夫妻
カウンター10席の店内はいつも和気あいあい

じろまる
ホネホネ魚の看板が目印
記念すべき第1回目にご紹介するのは「JIROMAL(じろまる)」

新栄の小さな居酒屋で、隠しダマ的1軒ですが、あえて一発目に持ってきたのは気軽に取材のお願いがしやすいから(笑)。まだ手探りの新企画なので、勝手知ったる行きつけのお店の方が何かとやりやすいかな、と…。

いや、あえてこんなネタばらしをしてしまったのも、この気安さがお店の一番の魅力でもあるからです。


じろまる・じろさんといずみさん
店主の次良丸さん夫妻
いつも仲良く切り盛りしている次良丸さん(店名は実は本名!)・いずみさんご夫妻。のんびりした口調のじろさんと、しっかり者のいずみさん(マスター、ママという呼び方は「こそばゆいからヤメて~」という当人からの希望でNGワード(笑))、終始笑顔を絶やさないこのお2人の気さくな人柄が、人気の何よりの決め手。カウンターだけのわずか10席の店内は、いつも常連さんらの和気あいあいとしたムードに溢れています。

じろさんはブルースをこよなく愛するミュージシャンでもあり、土曜日は店内でブルースハープ(ハモニカ)教室を開き、日曜日は音楽活動があるため、お店は休業。それでいて、営業中のBGMはロック、歌謡曲と何でもあり。このへんのユルさにも、店主のキャラクターが反映されています。

新鮮魚介の郷土料理に絶品だしまき。シメには意外な一品も

じろまる・刺身盛り合わせ
毎朝市場で仕入れる魚介は産地も厳選
さて、こんなムードもさることながら、料理と酒にハズレがないのもファンが足繁く通う理由。決して趣味や片手間の店ではなく、本気でマジメに取り組んでいる正統派の居酒屋さんなんです。

その姿勢が分かるのが魚介のネタのよさ。知多の海のカワハギ、坂手島のタイやウニなど、その日の朝に仕入れたばかりの旬の素材が揃っています。じろさんにその日推奨のネタを刺し身で盛り合わせてもらうのがおススメです。この他、いずみさんの出身地である千葉房総のなめろ、長崎のはとしなど、魚介を使った各地の郷土料理も、名古屋ではなかなかお目にかかれない珍品です。

じろまる・だしまきたまご
名物のだしまきたまご499円
絶対にハズせない一品がだしまきたまご。これがもう、ふわふわと言うかとろとろと言うか、信じられないくらい柔らかい! この魅惑の食感の秘密は、通常の5倍も加えるというダシにあり。普通はこんなにダシが多いと卵が崩れてしまうんですが、いずみさんが丁寧に丁寧に卵の層を折り重ねていき、美しいだしまきに仕上げていくんです。本格仕込みのみりん、醤油による深みのある味わいが、とろりとした卵の中からじゅわっとうまみがしみ出す瞬間がたまりません。

じろまる・カレー
隠れ人気メニューのカレーは899円~
意外なシメの一品として人気なのがカレー。仕込みに日数がかかるため時々しか登場しないのですが、これがそんじょそこらの専門店顔負け。ピリッと刺激的な辛さの奥に、素材のうまみがしっかり溶け込んだまろやかさな甘みが秘められ、最後にガッツリ満腹感をもたらしてくれます。黒カレー、地鶏カレーなどバリエーションはその日によって様々あり。特に、さざえカレーは知る人ぞ知る隠れ名物。完成した時に常連にだけメールでお知らせがある、幻の一品です。辛さと甘さの奥に、サザエの滋味と潮の香りが加わった味わいは何とも深遠。筆者がこれまで食べたカレーの中で、間違いなく五指に入る激ウマカレーです。カレーはすべてハーフサイズを注文できるのもうれしい限り。

いずみさんは利き酒師の資格も持ち、日本酒、焼酎、その他もろもろレアな銘柄を取り揃えています。

じろまる・店内
常連さんでいつもにぎわう。この狭い店内で生ライブが行われることも
しっかり食事するもよし、軽く一杯ひっかけるもよし、さらにハシゴ酒の後のシメにもよし。何かと使い勝手のよい一軒ですが、ひとつ注意したいのは席数が限られていること。毎日のようにのれんをくぐるファンも少なくないので、満席御免は覚悟の上で足を運んでください。運良く席に着けたら、じろさん夫妻と常連さんらの和んだムードに、一見でも気兼ねなく会話の輪に加われるはずです。


じろまる・領収書
「こちとら自腹」の証明。今シリーズは、タイトルに偽りのないよう、毎回領収書を公開していきます
【この日のオーダーと料金】
・ 刺し身盛り合わせ
・ だしまきたまご
・ カレー
・ 生ビール2杯     …計3860円



■ JIROMAL(じろまる)
・ 所在地:名古屋市中区新栄2-10-29
・ 電話番号:052・243・5570
・ アクセス:地下鉄東山線新栄駅より徒歩5分
・ 営業時間:18時~23時ラストオーダー
・ 定休日:土・日・祝日
・ Yahoo地図


※ 残念ながら「JIROMAL」は2007年7月27日をもって閉店となりました。
ただ、決して営業不振だったわけではなく、また店主夫妻の健康上の理由でもないので、きっと近い将来、「新生・JIROMAL」として、また美味しい料理と酒、音楽を提供してくれると思います。
その際には当サイトでもお知らせしますので、どうか気長にお待ちください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。