伊勢志摩から名古屋へ。東海地方が大フィーチャー

「小さき勇者たち 
ガメラ
ちょっとかわいらしい顔つきの今作のガメラ。ちょっとミニラっぽい?©2006「小さき勇者たち~ガメラ~」制作委員会
GAMERA」がこのGW、全国ロードショー公開。「怪獣映画なんて…」と思っている人もいらっしゃるでしょうが、名古屋人、名古屋好きの人、あるいはこれから名古屋に遊びに来ようと思っている人は是非観てください! 今回のガメラは、名古屋が舞台なんです!

前半の舞台は志摩市大王町をはじめとする三重県・伊勢志摩地方。こちらも名古屋圏の人にとってはなじみのある場所です。大王崎灯台や細い坂道が迷路のように入り組む海辺の町並、複雑に入り組んだリアス式海岸…。伊勢志摩の美しい海辺の光景が、主人公の少年・透と赤ちゃんガメラ・トトの心の交流を、効果的に盛り立てます。
ガメラ・パールブリッジ
前半のハイライトは志摩パールブリッジでの対決シーン。全長5mの実物大ガメラを使っての撮影も話題のひとつ。©2006「小さき勇者たち~ガメラ~」制作委員会

ひそかに友情を育む1人と1匹を引き裂くのが、突如現れた怪獣・ジーダス!(巨大化したエリマキトカゲみたいですが、かなりえげつない武器を持ってます) これに敢然と立ち向かうトトことガメラの初対決シーンとなるのが志摩パールブリッジ。リアス式海岸に真珠養殖の筏が浮かぶ美しいアーチ橋の上で、激しいバトルが展開されます。

栄、大須、地下街。市内各所が次々スクリーンに。
建築中のトヨタビルはなぜか無傷

第1ラウンド終了後、舞台はいよいよ名古屋へと移ります。
透たちが道を尋ねるのはユニモール地下街、ジーダス上陸で空撮されるのは名古屋港、そして栄交差点の街頭モニターには「怪獣出現」の第一報が流れ、大須商店街では群集が逃げ惑い、白鳥センチュリープラザはヒロインたちの避難場所となっています。「おっ、あそこだ!」、名古屋っ子にとってはおなじみの景色、スポットが次から次へ登場するんです。

ここから、ガメラvsジーダスの一大バトルがくり広げられることになるんですが、あわれ名古屋都心部はボコボコに壊されまくり! 栄、名駅一帯は一面ガレキの山と化してしまいます。いくら名古屋経済が元気だからって、ここまで廃墟にされて復興できるんでしょうか? いや、そこはよ~く考えられていて、名駅前に建設中のトヨタビルは最後まで無傷のままなんです。
名駅前・飛翔
これが「飛翔」。怪獣バトルの巻き添えを食って先端がポキリと折れちゃいます。ちなみに建設時の費用は何と5億3000万円!修復費用は一体…?

目の前で巨大怪獣がくんずほぐれつし、駅前ロータリーの噴水塔(某作家さんが「巨大なウンコ」と称していた円錐形の大きなヤツ。ちなみに名前を「飛翔」と言います)だってポッキリ折れてしまうのに何と言う強運! さすが世界のトヨタには、怪獣さえも寄せつけないオーラがあるんでしょうか? 何はともあれ、トヨタさえ大丈夫なら何とかなるだろ、とホッと胸をなで下ろす我ら名古屋人。被災民にとって、涙が出るほどきめ細かい配慮です。

次のページではあの名古屋のシンボルが決戦の地に!?