ナンバースクールとは?

関東で、かつて旧制中学時代に一中や二中と呼ばれた学校とは?
関東で、かつて旧制中学時代に一中や二中と呼ばれた学校とは?
江戸時代の藩校や明治時代の旧制中学など、全国には「名門校」と呼ばれる高校がいくつかあります。かつては、日比谷(東京)、旭丘(愛知)、神戸(兵庫)が旧制中学の「御三家」と呼ばれた時代も。大学合格実績では私立の中高一貫校が躍進する中、公立高校もかつての「名門校」を中心に近年再び脚光を浴びつつあります。

名門校と呼ばれる高校の中には、かつて旧制中学時代に一中や二中と呼ばれた学校があります。それが「ナンバースクール」です。

■旧制一中リスト
東京:日比谷高校
神奈川:希望ヶ丘高校
千葉:県立千葉高校
埼玉:県立浦和高校
茨城:水戸第一高校
栃木:宇都宮高校
群馬:県立前橋高校
山梨:甲府第一高校

今回はそのナンバースクールの中でも、栄えある「一中」と呼ばれた名門高校を中心に紹介していきます。

日比谷高校(東京)

東京府第一中学と呼ばれた日比谷高校。かつては多くの東大合格者を輩出した名門校も、私立の中高一貫校の台頭で東大合格者数は激減。しかし、2007年の「東大合格者数ランキング」では20位にランクインするなど近年復活の兆しも見えます。

2008年の主な大学の合格実績は、東京大学13名、京都大学4名、慶應義塾大学96名、上智大学49名、早稲田大学102名。

2001年から東京都教育委員会より進学重点校の指定を受け、また2007年からは文部科学省よりスーパーサイエンスハイスクール(SSH)の指定を受け様々な教育改革を実施するなど、私立の中高一貫校にもひけをとらない教育水準を維持しています。

他のナンバースクールは、立川高校(二中)、両国高校(三中)、戸山高校(四中)、小石川高校(五中)、新宿高校(六中)、墨田川高校(七中)、小山台高校(八中)、北園高校(九中)、西高校(十中)など。

>>次は、神奈川、千葉、埼玉、茨城のナンバースクール>>