「老後を海外で過ごしたい」そんな思いのひとはきっと多いはず。そこで知っておきたいのがリタイアメント・ビザ、いわゆる退職者査証です。
憧れの地で第二の人生を!リタイアメント・ビザ最新情報の第一弾は・・
australia
大自然に囲まれたオーストラリア  リタイア後に暮らしてみたい国の人気ナンバーワンだ

オーストラリアが一番人気!

世界中のリタイアリーが憧れる国、オーストラリア。晴天率が高く、時差が少ない(-1時間)ことから、日本人リタイアリーの希望滞在国第1位にランクインされています。((財)ロングステイ財団調べ)

観光目的でオーストラリアを訪問する場合、イータスと呼ばれる電子ビザを取得します。基本的なイータスでの滞在許可期間は3ヵ月。それ以上の滞在を希望する場合は、シールタイプのビザをオーストラリア大使館査証課に申請することになります。

「滞在期間がわずか3ヵ月では不満」というリタイアリーたちは、リタイアメント・ビザ(サブクラス410)を利用します。4年間の滞在ができて、延長申請も可能(2年毎)。さらに、このビザを取得すれば、週20時間まで現地で働いて報酬を得ることができます。他国の退職者向けビザは就労ができないのが一般的ですから、年金生活者には朗報です。対象年齢は55歳以上。夫婦ふたりで申請する場合は、どちらかひとりが55歳以上であることが要件となります。

資産提示が7千万円!?厳しい財政条件

2004年1月に移民法が改正され、日本人リタイアリーに対する財政条件が引き上げられました。

具体的には、(A)夫婦合算で87万豪ドル以上の資産、もしくは(B)35万豪ドル以上の資産および年間5万2千豪ドル以上の所得証明という、(A)ないし(B)のいずれかを提示しなくてはなりません。

image
憧れの街に住むためにはたくさんの条件をクリヤーしなければならない
1豪ドル80円として円換算すると、なんと!約7千万円相当の流動的な資産が必要なのです。「流動的な」ということは、銀行預金、もしくは換金性の高い有価証券などの時価評価、を意味します。
ちょっとした大金に「サラリーマンには少々高嶺の花かも?」と思いきや、このリタイアメント・ビザを取得しているひとは結構います。みなさん、お金持ち?ですね。
ちなみに、申請者の子どもがすでにオーストラリアに留学して永住権を取得している場合、財政条件が軽減されます。