JR篠ノ井線は、南北に広がる長野県のいわゆる北信と中信、長野市~松本市~塩尻市を結んでいる。そのうち北信地方の出口付近に位置するのが姨捨(おばすて)駅である。今回は、長野駅から旅を始めてみよう。
 

姨捨駅への観光は長野駅から各駅停車で

姨捨駅
数々の魅力が詰まった姨捨駅へ
長野駅を出発した列車は、しばらく市街地を走り、篠ノ井駅でしなの鉄道と分岐する。ここからが正式な篠ノ井線の区間である。篠ノ井駅の次の稲荷山駅を出ると、長野盆地の南縁に沿って次第に高度を上げてゆく。

稲荷山駅から姨捨駅までの駅間は長く、途中に桑ノ原信号場という列車行き違いのための信号場がある。このあたりの篠ノ井線は単線だ。

進行方向左手の窓外を眺めていると、家々の間からチラチラと見える遠くの街が小さくなってゆき、ぐんぐん勾配を登っていることがわかる。

そしてだいぶ登ってきたところで、列車は速度を落とし一旦停車する。しかし外を見るとここは駅ではない、と思う間もなく列車は後退をはじめる。これは「スイッチバック」と呼ばれるもので、再び停車したところが姨捨駅である。

なお、特急列車のすべてと快速列車の一部は姨捨駅に停車しないので、注意が必要だ。もちろん普通列車なら上りも下りもちゃんと停車する。
 

姨捨駅から日本三大車窓の景色を

姨捨駅
息をのむ姨捨駅からの眺め。その素晴らしさはとても写真では伝わらない
姨捨駅に到着してホームに降りれば、誰しもその絶景に息をのむことだろう。『松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平は 肥沃の地』と県歌「信濃の国」にもうたわれる善光寺平である。

駅のホームがそのまま、この善光寺平を一望する展望台となっているのだ。ちょうどその南端から北東方向を望み、山々に囲まれた細長い盆地の中央には千曲川がゆったりと流れている。

この眺めは「日本三大車窓」の一つに数えられ、鉄道旅行者にとって古くから憧れの場所であった。このように昼間の景色はもちろんだが、夜景も素晴らしい。街の灯りが眼下にきらめく様子は、都会の夜景とはまた違った美しさである。

いずれにせよ、この素晴らしさは写真や文章などでは到底伝えきれない。ぜひともみなさんご自身で体感してほしい。


次のページでは、もう一つの魅力姨捨駅のスイッチバックを詳しく見てみることにしよう。