解説3)青森17:22→17:47蟹田<4019M・特急白鳥19号・函館行>

701系電車
鈍行列車の旅は続く
いよいよ青森を過ぎて北海道は目前ですが、しかし今日中に函館に着くには、ここでどうしても特急列車に乗る必要があります。しかし青春18きっぷで乗車できるのは「普通列車の普通車自由席」のみ。ですからこの場合は、青森~蟹田間の乗車券と自由席特急券を別途購入しましょう。

■ここまでの費用

 東京都区内~吹上間乗車券:  950円
 青春18きっぷ1日分  : 2,300円
 ムーンライトえちご指定券:  510円
 青森~蟹田間乗車券   :  480円
 青森~蟹田間自由席特急券:  500円
 ──────────────────
 合計            4,740円

解説4)蟹田18:42→19:33木古内<4021M・特急スーパー白鳥21号・函館行>

789系電車
青春18きっぷの特例を使って特急列車に
せっかく乗車券と特急料金を払って特急列車に乗ったのに、蟹田駅で降りるのには理由があります。この蟹田駅から北海道の木古内駅との間は、青春18きっぷがあれば、追加料金なしに特急列車の普通車自由席(指定席は不可)に乗車することが認められている特例区間なのです。以下の青春18きっぷ基本ルールを思い出してみてください。

「津軽海峡線木古内~蟹田間は普通列車が運行していないため、特例として当該区間内相互発着の場合に限り、このきっぷのみで特急列車の普通車自由席に乗車できます」

この特例は「当該区間内相互発着に限る」、すなわち蟹田駅で乗って木古内駅で降りた場合(またはその逆)だけに適用します、というもの。一駅でも隣の駅までまたがって乗車すると「乗車全区間」の乗車券及び特急券が必要です。とにかく通しで乗ってはいけません。一旦下車して再度乗ることが条件です。青森~蟹田間の乗車券・特急券をちゃんと持っていても、下車せずにそのまま乗車し続けるとこの特例には受けられなくなります。

もちろん、青森~函館間に必要な乗車券と特急券を購入すればそのまま問題なく函館まで特急列車で行けますが、今回のプランの目標は、青春18きっぷを最大限に活用することにあるので、このようにこだわってみました。

さて、こうして再度木古内駅から青春18きっぷだけで堂々と(?)乗車した特急「スーパー白鳥21号」は、19時頃に青函トンネルに進入、いよいよ北海道へと上陸です。

解説5)木古内20:22→21:35函館<141D・普通・函館行>

木古内駅
ここは北海道。函館はもうすぐ
確実に木古内駅で下車したら、ここからは再び普通列車でゴールを目指します。昨夜東京を出てから22時間あまり。もうすっかり暗くなってしまいましたが、まもなく進行方向右側の車窓には、函館湾の向こうにきらめく函館の街が見えてくるはずです。おつかれさまでした!

■トータルの費用

 東京都区内~吹上間乗車券:  950円
 青春18きっぷ1日分  : 2,300円
 ムーンライトえちご指定券:  510円
 青森~蟹田間乗車券   :  480円
 青森~蟹田間自由席特急券:  500円
 ──────────────────
 合計            4,740円


※掲載した時刻等は正確を期していますが、実際に旅行される場合は、必ず最新版の時刻表で時刻等をご確認ください。



[補足情報]

なおJR東日本エリアから北海道へ行くには、「東日本&北海道パス(普通列車限定)」という切符もあります。これは「青春18きっぷ」の2社限定版といったところ。青森から先へ進む際、この切符なら夜行の急行「はまなす」の普通車自由席に追加料金なしで乗車することもできます。

ただし、連続した5日間の利用に限定されており、青春18きっぷのように5日(人)別々に使うことはできません。料金や利用条件など詳しくは下記ページをご参照ください。

JR東日本&北海道パス


[関連サイト]

■ガイド記事 これさえ読めば今すぐ旅立てる!「青春18きっぷ」超基本ルール10

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/8/1~2021/8/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。