遺産を相続することは、必ずしもいいとは限らない!?


いままでお話したのは、遺産相続をした後の遺産の分け方の問題ですが、「相続の放棄」を考えなければならない場合もあります。例えば、亡くなった人の遺産について、プラスの財産より負債が多い場合です。「相続の放棄」の申請は原則として3ヶ月以内となっていますので、急いで財産の調査をし、意思決定をする必要があります。


ここまで読んでいただいたように、遺産相続では早め早めの行動が大切です。ですから、なるべく早い段階で弁護士に相談・依頼することがおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。