今まではテレビと言うと黒やグレーが主流で、せっかくインテリアをキメているのにテレビでバランスが崩れてしまった、という経験はありませんか?そこで今回はパーソナルテレビの中でも、特に個性的なデザインのソニー BRAVIAのM1シリーズKDL-20M1をご紹介します。
SONY BRAVIA KDL-20M1
ビビットカラーが目を惹くソニーのBRAVIA M1シリーズ(写真はピンク)。

パーソナルテレビの中でもダントツにかっこいいデザイン

おしゃれなデザインが多いパーソナルテレビの中でもダントツにかっこいいのがこのKDL-20M1。多くの液晶テレビが画面+台のT字型のデザインを取り入れる中、BRAVIAのM1シリーズは金属製のカラフルな枠(ループ)にディスプレイをはめ込んだデザインを採用。カラーもピンク、オレンジ、グリーン、ブルー、シルバー、黒の6種類があります。

さらにディスプレイのまわりの部分であるベゼルも6色あって、ループの色と組み合わせると14種類の中から、より自分好みに近いデザインを選ぶことができます。
SONY BRAVIA KDL-20M1
ディスプレイをぐるりと囲んだビビットカラーのループは流線的にデザインされオシャレです

SONY BRAVIA KDL-20M1
どの色のループ&ベゼルがインテリアに合うかコーディネートするのも楽しいですね

例えばベゼルをブルー、ループをシルバーに…といった具合に、自分好みにインテリアに合わせられるので今までの液晶テレビと違い、部屋のインテリアとコーディネートする幅が広がります。

自然の岩や氷の質感をデザインに取り入れたプレミアムエディションも用意され、こちらは落ち着いた渋めの色を採・用。北欧タイプのインテリアでまとめている部屋にもしっくりなじむ大人の雰囲気に仕上げられています。
SONY BRAVIA KDL-20M1
レンガや木など自然のものを取り入れた部屋にもなじむデザインのプレミアムエディション。左から「アースゴールド」、「メタルブラウン」、「 アイスブルー」

大きさも、小さすぎず、それでいて一人暮らしの部屋の中でも邪魔にならないちょうど良いサイズです。
SONY BRAVIA KDL-20M1
20インチで映画も楽しめる大きさなのに邪魔にならないサイズは一人暮らしの部屋にはうれしいですね

本体にはハンドルが付き、持ち運びができるので、部屋の模様替えや掃除もラクにできます。
SONY BRAVIA KDL-20M1
ハンドルがついているので移動も簡単


次のページでは、やっぱり一番気になる画質や音質について紹介します。