水道水は安全なの?

水
水は買うもの?
ガイド:
まずはじめに、安井先生ご自身は飲料水はどのようなものを使ってらっしゃいますか?

安井氏:
私は東京23区内に在住していますが、普通に水道水を使用していますよ。浄水器なども付けていませんし、もちろんミネラルウォーターなどは買っていませんよ。

ガイド:
なんとなく都市部の水には不安を感じるのですが、水道水はそのまま飲んでも大丈夫なのでしょうか?

安井氏:
まずは安全面についてお話しましょう。
蛇口から出る水は浄水場で作られ、国が定めた安全基準をクリアしたものだけが水道管を通って各家庭まで届いています。この安全基準は、ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛、マンガン等などについて、それぞれ含有量が一定基準以下でなければいけないと定められています。

同じように市販されているミネラルウォーターにも安全基準があるのですが、この2つを比較した場合、ミネラルウォーターのほうが基準がはるかにゆるいのです

例えばフッ素は2.5倍、マンガンは4倍、ヒ素、ホウ素、亜鉛などは約5倍もの基準になっており、水道水の方が基準がゆるくなっている項目は一つもありません。ですから、水道水の方が安全性が高いといえるでしょう

ガイド:
塩素についてはいかがでしょうか。水道水には塩素が含まれていると思うのですが、ミネラルウォーターには入ってませんよね?

安井氏:
その通り、水道水には塩素を添加することが義務付けられています。ですが、水道水に含まれる塩素は体に害があるものではなく、むしろ雑菌の繁殖などを防ぎ安全性を高めるためには必要不可欠なものです。ペットボトルの水などはその塩素が含まれていないわけですから、開封後はなるべく早めに飲んでしまわないと雑菌が繁殖して水が傷んでしまうということもあります。

塩素に問題があるとすれば、味への影響でしょうか。そうはいっても、塩素は空気に触れるとすぐに揮発しますので、コップなどに水を汲んで少し置いておくだけでもすぐ塩素は抜けてしまいますよ。

ガイド:
そういえば実際水道水をそのまま飲んでみても、塩素の味を感じたことないですね。

安井氏:
昔、浄水の技術があまり良くなかった時代には、たしかに塩素臭いということがありました。ですが現在は非常に浄水技術が進んでいるため、添加される塩素はあくまで各家庭の蛇口から出てくるときまで安全性を保つという目的であり、その量もごく少量ですので味がするということはほとんど無いと思います。

ガイド:
トリハロメタンについてはどうでしょうか?浄水器などの宣伝を見ると、必ずと言って良いほど「水道水に含まれる発ガン性物質トリハロメタンが云々…」というのを見るのですが。

安井氏:
昔は上下水の処理技術が未熟だったため、水道水にトリハロメタンが多く含まれていました。原水が汚染されており、浄水技術が未熟で大量の塩素を添加した場合には、トリハロメタンが多く生成されるのです。

ですが現在はオゾン滅菌などの技術を備えた高度浄水設備の導入で、トリハロメタンは相当低減しました。完全にゼロではありませんが、体に害があるような量が含まれているということは全くありません。

また、そのごく少量含まれるトリハロメタンを本気で全部取り去ろうと思ったら、逆浸透膜の浄水器などでなければ不可能です。市販されている浄水器で「トリハロメタン除去」などと書いてあるものは、ほとんど気休め程度にしかならないということです。


ミネラルウォーターの方が体にいいの?⇒次のページ