リサイクルショップ
リサイクルショップの内部事情ってどうなってるの?
ここ何年かで急速に店舗数が増え、一般に利用する人も多くなったリサイクルショップ。いらなくなった物が必要としている人に安価で渡る、というお財布にも環境にも良い仕組みではありますが、いまいちよくわからないのがリサイクルショップの内情。

なんでも買い取ってくれるの?
買取価格や販売価格ってどうやって決まってるの?
お得な利用方法は?

など、リサイクルショップに対する疑問点を解消するべく、今回は某リサイクルショップに勤務していた経験があり、リサイクルショップ事情に詳しいMさんに、お店の内情を伺いました!



ガイド:
Mさん、今回はよろしくお願いします!リサイクルショップの裏事情を色々教えて下さいね。
ではまず、Mさんが最近までお勤めになっていたリサイクルショップに付いてお聞かせ下さい。

ガイド:
私が働いていていたのは、大手企業がチェーン展開するリサイクルショップです。東京近郊のベットタウンにある、大きな街道沿いの支店で働いていました。

ガイド:
やはり店の立地によって、品揃えや買取価格って変わるものなんですか?

M氏:
もちろん、その土地柄によってずいぶん変わりますよ。都心に近い場所や新興住宅地などの近隣などにある店は、多少値が張っても質が良いものやブランドものが好まれるので、そういった商品は高めに買い取りますね。でもちょっと田舎に引っ込んだような場所の支店では、そういう商品のニーズが少ないからあまり高値で買い取ってないです。逆に都心に近い店じゃ買い取らないような物も買い取ったりします。ちょっと流行遅れのデザインのものとかアニマル柄の服とかね(笑)

ガイド:
おぉ(笑)場所によってお客さんの好みに違いがあるというのは面白いですね。ということは、自分が売りたい商品もその地域のニーズにあってるかどうか判断してから持ち込んだ方がよさそうですね。あと洋服の場合は、季節も関係あるんですよね?

M氏:
そうですね。オフシーズンの衣類は基本的に買い取りません。例えば今の季節だったら夏物持って行っても買い取ってくれないと思います。店も倉庫の広さ決まってますからね。そんなに在庫抱えられないんですよ。
ですが喪服や礼服だけは例外で、季節に関係なく買い取ります。

ガイド:
喪服ですか?!まぁたしかにデパートなどで買うと高いですから、ニーズはありそうですよね。

M氏:
そう、喪服なんかは突然必要になることが多いですから。久々に出して着ようとしたらサイズが合わなくて着られない→慌てて買いに行く、というパターンの人が来店することが非常に多いんですよ。なので黒いものはよく売れるんです。
それに喪服はそれほど流行に左右されないですし、着用頻度もあまり多くないから状態が良い場合が多いですからね。ブランド品でなくとも、買い取りも他の服と比べるとそれなりにいいお値段付けますよ。

ガイド:
なるほどー。喪服が高値とはちょっと意外です。その他の衣類になると、やっぱりブランドだったり状態が良いと高値になるんですか?


ブランドは高く買うの?⇒次ページ