冷蔵庫の中にペットボトル飲料が常駐してませんか

緑茶
皆さんのお宅では、普段の飲み物は何を飲んでいますか?緑茶?麦茶?烏龍茶?それともミネラルウォーターでしょうか。

これらの飲料、ペットボトルを買ってきて飲んでいる方が多いのではないでしょうか?ペットボトル飲料の1本のお値段はそれほど高くないためつい買ってしまいがちですが、チリも積もればかなりの金額になります。

例えば2Lの緑茶飲料ペットボトルを1本200円とした場合、2日に1本を空けたとすると1ヶ月で3,000円。
年間なんと36,000円にもなってしまうのです。
単純に、ペットボトル飲料を冷蔵庫に常駐させる習慣を無くせば、これだけの金額が浮くのですからかなり大きいですよね。

またお金が浮くだけではありません。
ペットボトルはどこの自治体でも大抵リサイクルのため分別回収をしていると思いますが、ペットボトルのラベルをはがし、キャップを外し、潰して分別し、回収日に収集場所に出す、といった面倒な作業からも解放されるのです。そしてペットボトルを買ってリサイクルに出すことより、買わないという選択の方がはるかに環境負荷は少ないわけですから、地球にも優しいと言えるでしょう。

家で作れば断然節約

ガイド宅では夏冬関係なく、冷蔵庫には常に冷たい麦茶か緑茶が入っていますが、もちろんペットボトル飲料は買わずに自宅で作っています。麦茶は市販の麦茶パックを使えば、麦茶ポットなどに安価で麦茶が作れますが、緑茶飲料などは普通の茶葉を使用して作っています。

緑茶
この時、普通に緑茶を入れる時のように、沸かした湯でお茶を入れるより、水で時間をかけて出すのがおすすめです。

100円ショップなどでもよく売られている、不織布でできたようなお茶パックに茶葉を入れ、水を入れた麦茶ポットなどにそのまま入れます。お湯で入れるのに比べ時間はかかりますが、冷ましてから冷蔵庫に入れる手間もなく、湯で入れた時より香りも飛びにくいので美味しいお茶が楽しめます。


緑茶
左:水出し緑茶右:熱湯で入れて冷ましたお茶
そしてもう一つ。右の写真は光の具合で色がわかりにくいですが、お湯で入れたお茶は、冷ました時に茶色っぽく変色しやすいのですが、水出しのものならばその心配もありません。


この方法で冷たい緑茶を作った場合のコストは、ごく一般的に飲まれる茶葉使った場合を1本当たり約10~30円。高級な茶葉を使ったとしても1本あたり100円以下程度になるでしょう。


ガイドのオススメグッズをご紹介⇒次ページ