掃除機・クリーナー/掃除機関連情報

2008年・気になる掃除機お試しリポート(1)(3ページ目)

掃除機に新風を吹き込んでくれるdyson。今回も“新しい掃除機の形”を提案しています!はたしてその実力は?

執筆者:戸井田 園子

メンテナンスはフィルターとヘッドの2ヶ所

最後に本体のメンテナンスですが、まずはサイクロン部分にあるフィルターを外して洗うこと。ちなみに、着脱はいたって簡単。ゴム製なので、洗ったあとはぐにゃっとしぼる感じで水を切り、乾かしてから取り付けます。こちらは1年に1回程度が目安なので、ほぼ手間要らずと言えるでしょう。
dyson・DC24
左:フィルターを取り外すと、少し黒く汚れています
右:丸洗いしてOK、ゴム製なので扱いも楽です

次にヘッド部分。荒めのブラシですが、髪の毛や糸がやや絡みやすい印象を受けました。ヘッド裏にあるネジをコインで外せば、ブラシ部分がひっばり出せます。国産のヘッドブラシのように、細い毛のブラシでは無いので、絡んだゴミはハサミで切れば簡単に取り除けます。ヘッドブラシは集塵力に影響しますので、小まめなメンテナンスをおすすめします。
dyson・DC24
左:ヘッド裏・右上のネジをコインで回します
右:中のブラシを引き出してお手入れします

*-*-*-*-*

ガイドは、普段からdysonのキャニスタータイプを使用しているため、運転音には慣れているのですが、やはり相変わらずの大音量という印象は免れません。しかし、この音を譲歩しても、欲しいと思わせる魅力がdysonにあるのも事実です。昼間がんがん掃除をするから音は気にしない!掃除機はちょっと攻撃的なくらいが好み!掃除機をかけた~~という達成感が欲しい!という人にピッタリの掃除機だと思いました。

【関連記事】
 2008年・気になる掃除機お試しリポート(2)~東芝・Quie(クワイエ)


【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で人気の掃除機を見るAmazon で人気の掃除機を見る
  • 前のページへ
  • 1
  • 2
  • 3
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます