2008年度・プレミアム冷蔵庫
「高級感」を前面に打ち出した“プレミアム冷蔵庫”登場!果たして今後のトレンドとなるのか?
冷蔵庫は例年、各社主力となるモデルを夏~秋にリリースする傾向なのですが、今年は冬~春の時期に、ふたつの冷蔵庫がリリースされました。しかも、今までの大容量・コンパクトという流れを汲みつつ「高級感」を前面に打ち出した“プレミアム冷蔵庫”でした。仕上げや素材にこだわり、オープンキッチンを意識したデザインが特徴的。冷蔵庫の新しい流れ感じます。それではガイドが気になる、ふたつの“プレミアム冷蔵庫”をご覧下さい!
 
<INDEX>

 

全周ステンレスとワイン室に注目!
~SHARP・愛情うるおい冷蔵庫

SHARP・愛情うるおい冷蔵庫
SHARP:愛情うるおい冷蔵庫
【SJ-HX51P-B】(505L)
ブラック系(ステンレスブラック)
参考価格:¥298,000
※2008年5月発売予定
2007年に発売となった機種から、扉の仕上げが家具のようになり、ぐっとデザイン性が良くなった「愛情うるおい冷蔵庫」ですが、その最上位モデルとしてリリースされたのが、この【HX】シリーズ。オープンキッチンが増えている昨今、冷蔵庫は、リビング・ダイニングから見える場所に置くことが多くなっているのが現状です。そんな背景を踏まえ、どこから見ても美しいデザインを実現。ワイン専用の保存モードも搭載するなど、ひとクラス上の冷蔵庫となっています。

Pointその1:全周ステンレスボディ
SHARP:愛情うるおい冷蔵庫
全周ステンレス仕上げは、どこから見てもキレイ。オープンキッチンなどにおすすめ
一番の特徴は、ボディ全周にステンレスを採用したところ。扉だけでなく、側面・背面も、扉と同じクオリティーのステンレス仕上げとなっています。表面材のステンレスは、落ち着いた上質な素材のブラックステンレスで、どこから見ても美しく、高級感漂う仕上げとなっています。これにより、ダイニングから冷蔵庫の側面や背面が見えても、美しさをキープ。オープンキッチンにはうれしい仕様と言えるでしょう。

Pointその2:ワインリザーブ(3本収納)
もうひとつの特徴は、切り替えルームがワイン保存庫として使いやすくなっていること。SHARPの冷蔵庫と言えば、保温ができる「ホット庫」が有名でしたが、この機種ではその「ホット庫」の代わりに「ワインリザーブ」機能を搭載しています。
 
SHARP:愛情うるおい冷蔵庫
ワイン収納は、液晶パネルでワインの種類が判断できるニクイ演出も!

温度管理は、6~16℃の2℃単位の6段階に調節可能。赤・白・ロゼといったワインの種類に合わせて最適な温度で保管できます。温度設定をすると、カラー液晶の色が変わるという見やすい機能も搭載。なかなかニクイ演出です。さらに、開閉に伴う振動をなくしたり、独立した冷気回路で他の部屋のニオイ移りをカットするなど、味の劣化を防ぐ配慮もされています。ワイン好きにはちょっと魅力的な機能ではないでしょうか?

この他にも、冷気中の浮遊菌を除菌して常にキレイな庫内環境を維持する「除菌イオン」や、食品に直接冷風を当てず、輻射冷却で食品の乾燥を防ぐ「うるおいクールパネル」など、独自の技術も満載です。さらに、冷凍室・野菜室には「オートクローズドア」を採用し、使いやすさにも配慮。また、省エネ意識を高める仕掛けとして、冷蔵室ドアの液晶パネルに1日のドア開閉回数を表示するなど、面白さがあるのもSHARPらしさのひとつでしょう。

発売は2008年5月初旬予定。今までの冷蔵庫のデザインに満足していなかったあなた!一度見てみる価値はありますよぉ~。

【参考サイト】
SHARP・リリースSHARP・冷蔵庫


続きましては、広々引出しルームが大人気の、National・コンパクトBiGのプレミアムタイプです。では次ページへ!>>