これだけは知っておきたい“BD”の基礎知識

それでは、BDについて最低限知っておきたい基本情報をざっとまとめてみました。今までDVDも使っていなかったという、初めてディスクタイプのレコーダーを購入される方も、これさえ知っていればまずはOKです!

■ディスク容量の見方
BDイメージ
右上に書いてある【50GB】がこのディスクの容量です。
参考商品:Panasonic
基本的な記録ディスク(丸い盤)についてのおさらいから。今まで録画していたVHSテープの場合、60分テープとか 90分テープと表記されていましたが、BD(DVDも)の場合は【GB(ギガバイト)】という単位で容量が表示されています。この数字が大きいほどたくさん録画できるという意味です。

■録画できる時間の目安
録画時間の見方
録画用DVDは、録画時間で表示されているものがあります。ちなみに【120分】のディスクの容量は【4.7GB】です。
参考商品:Panasonic
何GBなら何分録画できるのか瞬時に判断できないのが、難しいと感じるところではないでしょうか。ちなみに、店頭で良く見かける録画用DVDは【120分】(容量は【4.7GB】)という表記が一般的となっています。これは、標準画質で録画した場合という意味。しかし、VHSテープで言う「3倍モード」にすればもっと長く録画できますし、高画質で録画すればもっと短い時間しか録画できません。このように、録画のモードにより録画時間は違ってきますので、あくまで目安として覚えておきましょう。正確な録画時間は、ディスクの裏や取扱説明書などに録画時間表がありますので、確認してみて下さい。

■“BD”の種類
BDの種類
BDの種類
主な録画用としては、右の2つ。
【書換え不可】BD-R
容量がいっぱいになるまでは何度も録画はできますが、一度録画したものを消したり、上書き録画することはできません。
【書換え可】BD-RE
今までのVHSテープのように、何度でも録画ができます。

いずれのタイプも、書き込める層が1つの【1層】と、書き込める層が2つある【2層】の2タイプがありますが、それでも合計4タイプ。DVDには、R・RW・RAMに加え、+(プラス)だの-(マイナス)だのと、実に種類がたくさんあるのですが、BDは少しシンプルになっているのが、初心者には嬉しい点です。

■“BD”とDVDの容量比べ
BDとDVDの容量比較
BDとDVDの容量比較
どちらも最大のディスク容量で比較してみました。いかがですか?一般的には1層式DVD【4.7GB】が良く使われていますので、これと比べると、BDなら【25GB】で約5倍、2層式の【50GB】なら10倍ものデータが書き込める訳です。録画時間にすると【4.7GB・120分】と同画質で録画をするとしたら、BD1枚で約20時間もの録画ができます。かなりの大容量であることが、お解り頂けましたでしょうか。

■“BD”とDVDの価格比べ
いくら5倍・10倍記録できても、価格が5倍・10倍するのでは一緒ですよね。ということで、価格を調べてみました。以下をご覧下さい。
BDとDVDの価格比較
BDとDVDの価格比較
BDとDVDの価格比較

先に書きましたように、記録するディスクはいろいろ方式があるので一概に比較できないのですが、今回は「書換え可能」「書換え不可」それぞれのタイプで比べてみました。価格は、平均的にBDが安いと言えそうですが、大きな差がないモノもあるようです。今後普及してもっと安くなることを期待したいですね。


次は、BDレコーダーを買う場合に気になる素朴な疑問です。続きは次ページへ!>>