東海道・山陽新幹線なら~エクスプレス予約と併用して更にお得!

ちなみに往復割引と学割・ジパング割りは併用が可能です
JR東海・JR西日本では、東海道・山陽新幹線のお得なサービスとして、エクスプレス予約があります。最近は、乗車券と特急料金がセットとなったお得な切符が多く発売されていますが、往復割引が適用となる区間については、特急券のみエクスプレス予約(e特急券)で購入し、乗車券は別途往復割引適用の切符を窓口購入する方が安くなることがあります。

例えば東京-博多間の新幹線利用(普通車・指定席)で比較してみましょう。
※参考までに同区間を割引なく手配した場合は、片道で22,950円、往復で45,900円となります。

■エクスプレス予約のスタンダードな乗車券・特急券一体型切符の場合
EX-ICやEXきっぷ利用:21,320円(片道)×2=43,640円(往復)

■乗車券は往復割引を適用して窓口購入、特急券のみエクスプレスe特急券の場合
e特急券       7,500円(片道)
乗車券(往復割引) 13,820円×0.9=12,438円→12,430円(片道)
e特急券+乗車券:(7,500円+12,430円)×2=39,860円(往復)

往復割引で乗車券を別途購入し、特急券をエクスプレス予約で手配すると、割引なしの場合より6,040円、エクスプレスの乗車券・特急券一体型の切符より3,780円お得になります。

ただし乗車券・特急券が一体型のエクスプレス予約でも、早期割引が適用となる場合は、そちらの方が安くなることも。購入するタイミングに応じて、賢く選択をしましょう。
参考)エクスプレス予約公式HP

いかがでしたか? ちょっと面倒なこともありますが、帰省など家族で動く際にはかなりの差がでます。また往復割引は、学割やジパング割引との併用も可能です。中学生以上の学割対象者がいる場合は、面倒でも学校で学割証明を発行してもらうと格段に安くなります。

買い方ひとつで大きな差がでますので、是非心に留めて次回はお得に手配をしてみてはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。