綺麗に食べたら怪訝な顔! 中国の食事マナー


中国の食の歴史は奥深い
小さい頃から「残さずしっかり食べなさい」そういわれてきた方も多いと思いますが、中国ではちょっとマナーが違います。実は中国では、料理を少し残すのがマナー。
「厚いおもてなしを受けました。とてももてなしが厚すぎて食べ切れません。」という意思を表すことが大切。全部食べちゃうと「足りなかったのかしら? 」と思われてしまうことがあるのでご注意。

食べきれないぐらいもてなすぞ!

ちなみに中国では、食後にテーブルを汚すのが美徳とされています。以前香港で、駐在されている日本の方と食事をした際に「中国流のマナーなので、失礼します」といって、鳥の骨などをテーブルに置いていたのが印象的でした。周りをみると机の上には、鳥の骨が山積……ちょっと衝撃的な光景でした。
日本人には、抵抗があるかと思いますので、観光で行くならテーブルを汚すことまではしないでもいいかと思います。現地の方のマナーを理解しつつ、「汚しても安心!」と思ってでかけましょう。

>>次ページはイギリスではご法度! 風邪気味の時は注意しよう