エクスプレス予約とは?サービスのメリットやおすすめの利用法を解説

新幹線

東海道・山陽新幹線をお得に快適にするサービス

東海道・山陽新幹線を利用する際に便利でお得なサービスが「エクスプレス予約」&「スマートEX」。混雑する駅の窓口に並ばずネットで予約ができ、シートマップ機能で好みの座席が指定できるから移動中も快適で、とても便利です。

予約の変更も、列車発車前までなら何度でも手数料無料でできるので利用しない手はありません。今回はそれぞれのサービスの特徴から、おすすめの利用法を紹介します。

※サービスの詳細は JR東海のホームページでご確認ください
※JR東日本管轄の新幹線(東北新幹線や北陸新幹線など)を利用する方は、えきねっと記事(JRをお得に!超お得な”トクだ値”発売)をご覧ください  

<目次>  

東海道・山陽新幹線はネットで予約が便利「エクスプレス予約」&「スマートEX」

お得で快適に東海道・山陽新幹線を利用したいなら、ネット予約を使わない手はありません。東海道・山陽新幹線のネット予約には、「エクスプレス予約」と「スマートEX」の2種類があります。まずは共通のサービスからメリットを紹介します。
 

「エクスプレス予約」&「スマートEX」のメリットは?

・スマホやパソコンから簡単予約。シートマップ機能で好きな座席が選択できる
・改札入場前、またはきっぷ受取前なら手数料無料で何度でも予約変更が可能
・窓口で購入するよりお得な料金
 ※割引率は「エクスプレス予約」と「スマートEX」では異なります
・各種の早特商品があり、早めの予約で大幅にお得になる!
 例:21日前までの予約で、早朝・日中の“のぞみ“号がお得な「EX早特21」なら
   東京・品川~新大阪間が1万1000円(所定運賃・料金よりも3450円お得)
・1回に最大6名まで予約OK。同行者の分も特典が受けられる
・会員本人だけの利用なら、ICカードでチケットレス乗車。在来線と新幹線の乗換もスムーズ。
 ※エクスプレス予約は専用のEX-ICカード、スマートEXは登録した交通系ICカードを利用。
  複数名の予約、会員外の利用の場合はきっぷの発券が必要です。
エクスプレス予約

エクスプレス予約は、EX予約専用ICカードを改札にタッチ

混雑するJRの窓口に並ぶことなく、思い立った時に、すぐに新幹線をネット予約でき、自分好みの座席を指定できるのが大きなメリットです。しかも、駅ではチケットレス乗車でき旅行にかかる時間の節約になります。旅行など早めに予定できる場合は、早特商品の販売も。乗車21日前まで、あるいは3日前までに予約することで、のぞみ・ひかり・こだま号が大幅なディスカウントとなります。一度に6名分まで予約ができるから、家族旅行やグループ旅行でも重宝します。

※利用できる区間、列車、人数、日時などは各きっぷで条件があり、席数も限定
 

どちらを選ぶ?「エクスプレス予約」VS「スマートEX」

大きく2種類ある「エクスプレス予約」と「スマートEX」。いったい何が違うのか?
利用頻度などに応じて、あなたにぴったりのサービスを探しましょう。
  • 初期登録(会員の申し込み方法)は、スマートEXが簡単
「エクスプレス予約」は専用のクレジットカード(JR東海エクスプレス・カードやJ-WESTカード)への入会が必要で、年会費(1080円)が発生します。また、会員登録時には利用開始までに時間がかかります。対してスマートEXは、手持ちのクレジットカードと「SuicaやPASMO、TOICA」など全国の交通系ICカード(10種類対応)があれば、ネットであっという間に登録完了(年会費無料)。申し込んだその時からすぐに利用できます。
 
  •  価格の割引率はエクスプレス予約が断然お得(ただし早特商品はどちらでも利用OK)
エクスプレス予約は、混みあう時期も1年中、いつでもお得な会員価格で指定席を利用できるのが大きなメリット。対してスマートEXは、窓口で購入する料金より若干安い程度。お得度では断然エクスプレス予約が優位です。ただし各種の早特商品は、スマートEXでも利用できます。早めに計画を立て急な変更がない旅スタイルが多いなら、スマートEXでも価格メリットは十分にあります※直前でも手数料なしで列車や区間の変更は可能。早特商品の価格は適用外になります。
 
  • どれだけお得?東京-新大阪間で比べてみる
通常の運賃・料金(普通車指定席):1万4450円

エクスプレス予約:1万3370円(1080円お得。片道の利用で年会費のモトが取れる)
スマートEX  :1万4250円(200円お得)
-----------------------------------------------------------------------------
※21日前までの早特商品(どちらのサービスでも利用可)
EX早特21    :1万1000円(3450円お得)
----------------------------------------------------------------------------
  • エクスプレス予約ならではのリッチな特典「グリーンプログラム」
エクスプレス予約なら、利用の区間に応じて自動的にポイントがたまり、普通車指定席の料金でグリーン車へアップグレードできる「グリーンプログラム」が利用できます(※)。

例えば東京—新大阪間なら、片道で90ポイント貯まり、6往復でのぞみグリーン車(1000ポイント)へアップグレードできます(ひかり:800ポイント、こだま:600ポイントで適用可)。アップグレードの区間は制限がないので、例えば東京―博多間など長距離で利用すればかなりお得。出張など仕事で頻繁に利用、あるいはこども料金でも大人と同じポイント数が貯まるので家族やグループなど大人数で定期的に利用する場合には、エクスプレス予約がおすすめです。また駅に併設のショップでも割引があり、お土産などを購入の際に重宝します。

※エクスプレス予約には手持ちのクレジットカードに機能をプラスする方法もありますが、こち らはグリーンプログラムの対象外となります。ご注意ください。
JR東海エクスプレス・カード

JR東海エクスプレス・カードならグリーンポイントも貯まる

 

まとめ:タイプ別のおすすめサービスは?

仕事などで頻繁に乗車する方、あるいは家族で毎年帰省をする、団体でよく利用するという方は、フルサービスのエクスプレス予約がいいでしょう。お盆や年末年始なども含め、1年中いつでもお得な会員価格で購入でき、年会費もすぐに回収ができます。グリーンポイントなどの付加価値も人気です。
 
逆に年に数回、あるいは今後の利用が未定なら、すぐに登録ができ早特商品も購入できるスマートEXを利用してみてはいかが? 自宅でストレスなく予約ができ、交通系ICカードで新幹線を利用でき年会費は無料。早特商品を利用すれば、価格メリットも大きいです。
 

旅先でも使える!特典も満載&利用の注意点

実は「エクスプレス予約」「スマートEX」の会員特典は旅先にもあります。いくつかご紹介します。(※利用には、「EXご利用票」「ご利用票」の提示が必要です。)
  • Tokyo Subway Ticketが購入できる!
静岡県以西の駅(熱海~博多)から東京・品川駅を訪れた方限定で、東京メトロ全9路線と都営地下鉄全4路線、合計13路線が乗り放題になる「Tokyo Subway Ticket」が購入できます。

24時間券は800円(48時間券:1200円、72時間券:1500円の発売もあります)。東京メトロ全線及び都営地下鉄全線に乗り放題のほか、沿線の約400のスポットで特典がうけられる「ちかとく」も上手に利用して東京観光をお得に楽しんで!
 
  • 他にも…旅先での特典が
横浜の観光に便利な「EXみなとぶらりチケット」、東京スカイツリーの天望デッキ(地上350m)へ混雑する時期でも並ばずに入場できる特別チケット「EX☆スカイツリーチケット」なども購入できます。他にも期間限定で利用できる旅先のお得なサービスも。旅の計画にあわせて利用しましょう
 
  • 利用の注意
1.予約したきっぷを受け取る場合、受け取り場所に注意
きっぷを受け取って利用する場合は、東海道・山陽新幹線各駅の指定席券売機、受取専用機のほか、JR東海・JR西日本の主な駅の窓口で受け取りとなります。JR東海、西日本以外の駅、例えばJR東日本などの駅では受け取れませんのでご注意ください

2.新幹線の駅間でのみ有効
例えば東京駅から乗車の場合は、通常「東京都区内」からとなり、都区内から東京駅までの乗車料金は別途必要ありません(特定都区市内制度といいます)。エクスプレス予約やスマートEXの場合は、その適用がなく、新幹線の乗車駅までは別途乗車料金が必要となります。降車駅でも同様の扱いとなります。


いかがでしたか?ご自身の旅スタイルにあわせてお得にサービスを使いこなしましょう
サービス詳細・お申込みは東海道新幹線ネット予約&チケットレス乗車サービス
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。