バラが美しい季節がやって来ました。
信州には、他にバラ園がありますが、 なんと言っても中野市にある一本木公園のバラはおススメです。
今年は暖冬で雪が無いといっても春が遅い北信州。
中野市の一本木公園には、570種・1200株の素敵なバラがあります。
色とりどりの色彩を香りとを楽しむ癒しの旅に出かけてみませんか。

信州・中野市一本木公園のバラ

満開です!一本木公園のバラ
宇宙を旅したバラ(オーバーナイト・センセ-ション):向井千秋さんがスペースシャトルに持ち込んで宇宙でも素晴らしい香りを放ち続けたという、1999年にアメリカで作られた四季咲きのミニバラ
中野市・一本木公園のバラは、須坂市の故「黒岩喜久雄」さんが、自宅の庭に40年かけて収集した世界のバラ1品種1株に拘った約150種類180株のバラを、 昭和59年(1984)秋寄贈された事により、公園で皆で見られるようになったという貴重なバラです。 その後も新しい種類と株数を増やし、今や570種・1200株 と素敵なバラ園に育っています。

ここには 宇宙を旅したバラ(オーバーナイト・センセ-ション)や 故黒岩さんが開発し、中野市が品種登録した遅咲きの「シック ナカノ」など珍しいバラもあります。
バラの好きな方なら是非一度は訪ねて欲しい公園です。
そのほかにも この一本木公園をおススメする理由は、
  1. 平地に比して約1ヶ月遅い開花なので、他のバラ園の見頃が終わった頃に、新鮮なバラの花がまた見られる。
  2. 面積はさほどでないが、信州で第一位の種類と株数のバラが見られる。
  3. 遅い春を一度に迎えた北信濃では、一度に多くの種類のバラが同時に咲く。
  4. 市営のバラ園で、 手入れが行き届いているにもかかわらず入場無料
  5. 近くの温泉郷(新湯田中温泉)で、バラまつりと連携して企画されたバラ風呂が楽しめる。
  6. 信州中野市ならではの観光やグルメが楽しめる。
と言ったところがあげられます。

今年の一本木公園のバラ開花情報

公園の前に自宅がある「四輪駆動さん」から、今年もバラの開花情報を送って頂きました。

2007年04月02日:
バラ祭が開幕しました。 今年は、毎日寒暖の変動が大きく、現在の処三分咲きです。
見頃は10日前後なりそうです。
昨日と今日(04月03日)に撮った写真を送ります。↓:写真はセレクト
早咲きのオールドローズ
・祭のイベント:野点茶会

2007年05月21日:
この暖かさで一本木公園ではバラの花が咲き 始めました。この公園で一番早い「モッコウバラ(写真は下記)」が咲いてました。 それともう一つ白い花(ナニワバラ)です。

先程公園のバラを見てきましたが、既に小さな蕾を持っていましたので来週中にはあちらこちらで花が咲き始めると思います。
尚、公園のバラは野外にありますから、開花は気温の推移に左右されます。 日中の気温が高く推移しても、朝の気温が10度以上にならないと開花が進みません。

一本木公園の最新の様子は?
ライブカメラでも見られますが、 バラの会でも開花情報をブログで随時更新していますので、行かれる時には参考にされると良いでしょう。

最も早く咲くのは、         
秋篠宮眞子内親王          
のお印「モッコウバラ(木香薔薇)」
・撮影:2007.05.12
モッコウバラ(木香薔薇)の花

 

次ページで 「なかのバラまつり」を紹介 >>

・平成19年度版:07/05/12・更新:07/06/05