野沢温泉スキー場のゲレンデからの風景
眼下に野沢村の街が、向こうに信越境の山並がみえる。
奥信濃の温泉とスキー場の村、野沢温泉。これまでもこのガイド記事でも度々紹介してきた私の大好きな信州の村です。

日本を代表する日本を代表する野沢温泉のスキー場ですが、 今でも人工降雪機を使わず、天然の雪でゲレンデを整備している希有なスキー場です。

今冬の雪は、12月の大寒波が襲い、手無し山の山頂では5メートルを越える積雪があった。今でもやまびこゲレンデで450cm・上ノ平ゲレンデで370cmもの積雪がああります(04月07日現在)。

私が野沢温泉が好きな理由の一つに、村人の温かな人柄に触れる事が挙げられます。野沢温泉には格式の高い温泉宿から手頃なお値段で泊まれる旅館から、ペンション、民宿と様々なタイプの宿があります。

そこでここでは、「田舎に泊まろう」感覚で、村人の暖かい人情ともてなしが得られ、しかも格安の価格で泊まれる民宿を紹介しましょう。野沢温泉村には300軒にのぼる民宿があります。初めての方なら「信州 野沢温泉民宿組合(0269-85-2068)」に問い合わせると良いでしょう。要望に沿った相応しい民宿を紹介してくれます。事務所は外湯「横落湯」の上にあります。

今回はそんな数ある民宿の中から、下記の二軒を紹介しましょう。
《注記》:雪国ですから服装・靴:防寒着・雪道が歩けるブーツでお出かけ下さい。レンタルスキー、レンタルボード、レンタルウェア等は現地で調達できます。民宿にも完備している事もあるので、予約時に確認下さい。

《野沢温泉アクセスガイド》:
 ◆列車・バス:JR)長野駅東口から直行バス1時間15分/
        JR)飯山線戸狩野沢温泉駅からバス20分(時刻表
 ◆車:長野道豊田飯山インター → R112(20分)/
    関越道石打インター→ R363&R112(70分)
 ◆地図:Yahoo!地図情報 - 長野県野沢温泉村(下高井郡)豊郷の周辺地図
《関連サイト》:
 ・野沢温泉公式ページ
 ・野沢温泉NOW;観光協会のサイト
 ・信州 野沢温泉民宿組合
 ・ガイド記事:長い伝統と歴史を持つ・野沢温泉スキー場

・制作:02/02/01・更新:05/02/12・06/04/08