《高山のコマクサ群生地》:歩いていかないと見られない健脚向け
 《コマクサの見られる植物園》:車やロープウェイで行ける一般向け

《駒草(こまくさ)》:ケシ科・コマクサ属の多年草
本州中部以北の高山の砂礫地に自生する。青い葉と小さく可憐なピンク花のコントラストが微妙で、高山植物の女王の名にふさわしい。根茎は移動の少ない地中深くまで達している。 葉は細かく裂けて、粉白色を帯び、全て根生する。まれに色が白いコマクサもある。 花は下向きに咲き、外側の二枚が反り返り、馬の頭に似るところから名前の由来がある。

花期は高度によって異なるが、6月中旬から7月。咲き始めから凡そ1ヶ月花を次々と咲かせる。
《関連サイト》:
 ・ガイド記事:花の名所バックナンバー

<<前へ 1 / 2


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。