ニューカレドニアの、ヌメアにあるスパをご紹介します。ひとつは日本語OKのスパ、もうひとつはクロマテラピーに注目したスパです。ニューカレドニアに滞在中、利用してみてはいかがでしょう?

■ブルー・ホワイト・マリアージュ
シトロン湾ショッピングセンターの2階。正面にシトロン湾の眺めが

2006年4月にオープンしたニューカレではじめて日本語OKのスパです。フランス語圏のニューカレドニアゆえ、街中スパでは言葉の壁が大きかったりします。それが、ここなら日本人セラピストが2人いるので、安心。場所もシトロン湾ショッピングセンター内と便利な立地!
使用しているプロダクツはデクレオール。100%ナチュラルで、肌にやさしいフランス製のものです。

日本人スタッフが常駐。言葉の心配がありません

おすすめのシグネチャー・トリートメントは、ボディ・マッサージ&ゴマージュ(90分/CFP6900)。粗めの死海の塩を使った全身のゴマージュのあとにアロマ・エッセンシャルオイルを使った全身マッサージ。
また、ウエディング前の新郎新婦で受けられる、アヴァント・マリアージュ(2時間45分/CFP5万/1組)は、塩ゴマージュ、バラの花びらエッセンスでのボディ・マッサージ、アロマ・フェイスケア、マニキュア、ハーブティとトロピカルフルーツのサービスがセットに。
施術後は、ちょうど夕陽が正面の海に落ちるテラスでくつろげます。

ブルー・ホワイト・マリアージュ
TEL687-28-10-90(日本語OK)
受付時間9:00~18:00(日祝以外)


■タラソ・エナジー・センター
ボディのクロマテラピー。紫色の光、見えますか?

2005年11月にオープンした、ラマダ・プラザ・ヌメア内にあるスパ。
こちらでは色の波長を生かしたクロマテラピー(カラーテラピー)が体験できます。
まず、カウンセリングで木・火・土・金・水のどの要素が適しているか、調べます(フェイシャルを体験しましたが、ワタシの場合は木でした)。
木のフェイシャルの場合は、クレンジング、スキントナー、フェイス・ピール、アルゴデルムベース(ここで決められたツボに緑の光線を当て、それから赤の光線を当てます)の後、黒と緑の泥パック、小麦のCeresal Creamがセットに。

フェイシャル。色ごとに決まったツボに光をあてます。

光線を当てるといっても、刺激も熱もないので、施術中は正直、実感がなかったのですが、終わった後に鏡を見て効果を確認!
セラピストには英語が通じる方もいますが、フランス語が通じるとより快適でしょう。

タラソ・エナジー・センター
TEL687-23-90-00(ラマダ・プラザ・ヌメア内)
営業時間9:00~20:00(日~12:00)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。