貯蓄

あなたは大丈夫?「うっかり浪費」の原因

必要なものしか買っていないハズなのに、貯金できなくてイライラ……。さいきん、中原は「必要なものしか買っていないのに、貯金が貯まらない」という人がやっている消費行動に「共通点」があることに気が付きました。中原はこれを「うっかり浪費」と名付けました。

中原 良太

執筆者:中原 良太

エビデンスに基づく資産活用&マネープランガイド

  • Comment Page Icon
 
必要なものしか買わないのにお金が貯まらない!

必要なものしか買わないのにお金が貯まらない!


「ムダ遣いをしているつもりはない。だけど、なぜかお金が貯まらない……」

お金を貯める方法は単純明快です。「たくさん稼いで、支出を切り詰める」ことです。だから、食費を削ったりして、支出を削ることもあります。
 

「必要なものしか買っていないのに、貯金が貯まらない」という人の共通点

しかし、なかなかお金が貯まらない。必要なものしか買っていないハズなのに、貯金できなくてイライラ……。こんなお金の悩みを抱えている方は、多いんじゃないでしょうか。

「人生、お金が全てじゃない」と言います。それは分かりますが、そうは言っても、お金がないと困ることも多いです。だから貯金をしたいのですが、平日は仕事が忙しくてクタクタ。休日はリフレッシュに当てていると、ついお金の問題を「先送り」してしまうものです。

さいきん、中原は「必要なものしか買っていないのに、貯金が貯まらない」という人がやっている消費行動に「共通点」があることに気が付きました。中原はこれを「うっかり浪費」と名付けました。

うっかり浪費、原因は何?

「うっかり浪費」の原因は「備えすぎ」にあります。

中原の経験上、うっかり浪費には主に2つのパターンがあります。

1つ目のパターンは、「必要以上の量を買い込んでしまう」ことです。

たとえば、自分が必要だと思っていたけれど、実はそうでもない「保険」に入ったりして、固定費が重たくなりすぎるなどの例があります。

ほかにも、「たくさん買えば安い」などの理由で食料品を買ったは良いものの、全て使い切れずに破棄してばかりいる……という例もあります。

たとえ必要なものだとしても、買い物には「適量」があります。必要以上の量を買いがちな人は、この「余分」な支出が積もり積もって、気付けば大金になっている可能性が高いです。

もう1つのパターンは、「必要以上に早く買ってしまう」ことです。

分かりやすい例が「積み本」です。将来に備えて勉強しようと本を買うのは良いものの、読むペースよりも買うペースのほうが早いせいで支出がかさんでしまうのです。

「いずれ必要になるから」という理由で買い物するのは、理にかなったように見えます。しかし、その「いずれ」が遠い先なのであれば、いま買う必要はありません。

それに、いまの時点では「いずれ必要になる」と感じていても、いざ時間が経ってから考え直してみると、そうでもないことが往々にしてあります。これでは、早めに備えたつもりの買い物が、実は役に立たない浪費になってしまいます。

必要なものを買うこと自体は悪いことではありません。しかし、肝心なのは「量」と「タイミング」です。

必要以上な量を買っても、早すぎるタイミングで買っても、どちらの場合でも家計は必要以上に圧迫されます。

そう書きながら、中原も面白そうな本をつい「積ん読」してしまいます。また、パソコンなどの電気機器を買うときには、ついオーバースペックのものを買ってしまいます。高いパソコンを買うクセに、全然使いこなせていません。

「うっかり浪費」は、大きな買い物や、固定費につながる買い物だと、特に家計の負担になります。

「必要なものしか買っていないのに、なぜかお金が貯まらない……」と感じている方は、必要品を買うときの「量」や「タイミング」に、いまいちど注意してみてはいかがでしょうか?
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます