資産運用

老後が心配で複数加入している「個人年金保険」の見直し方を教えてください

みなさんから寄せられた投資や経済ニュースに関するさまざまな疑問に、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが答えてくださいました。今回は「複数加入している個人年金保険の見直し方」についてです。

執筆者:All About 編集部

  • Comment Page Icon
みなさんから寄せられた投資や経済ニュースに関するさまざまな疑問に、ファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが答えてくださいました。今回は、複数の個人年金保険に加入しているという30代・女性からの質問です。
 

Q. 複数加入している個人年金保険の見直し方に悩んでいます

「老後が不安だったため、個人年金保険にいくつも加入していました。iDeCoもやっています。個人年金に複数加入するより、NISAに力を注いだ方がよいのではないかと思うのですが、どれを解約すればよいのか。また、いつ解約すればよいのか。何を基準に判断すればよいか、わかりません。老後のお金ばかり心配して、今の生活に彩りがなくなるのは寂しいですが、加減がわかりません」(Mog2さん/36歳/会社員)

 
複数加入している「個人年金保険」をどう見直したらいい?

複数加入している「個人年金保険」をどう見直したらいい?


A. 「加入している保険を払い済みにし、そのお金をiDeCoやNISAに回してみては」(深野さん)

複数の保険に加入されているとのことですので、毎月の掛け金は数万円でしょうか。相談者のご年齢から考えると、個人年金保険は予定利率がとても低いと思います。

そこでもし、思い切った見直しをするのであれば、加入している保険を今まで払った保険料で保障を残す「払い済み保険」にするという手もあります。保障額は減額されますが、保険料の支払いがなくなるので、浮いたお金をiDeCoやNISAに回してみてはと思います。個人年金保険の掛け金(保険料)の範囲内でやるのであれば、支出額は変わらないわけですから。
 
例えば、個人年金保険の保険料を3万5000円支払っていたとします。老後のことが心配であるなら、払い済みにした保険料3万5000円から、iDeCoへの拠出額をいくらか増やして、満額にしてみるのも一策です。それでもお金が余るようであれば、NISAのつみたて投資枠に回してみてはどうでしょう。

仮に、保険料3万5000円からiDeCoを満額にするために1万円を支払ったとします。すると残りは2万5000円。このお金は、NISAに回すといった算段ですね。

ただし、もし全額をiDeCoやNISAに回してしまうと、今の生活に彩りがなくなってしまうというのであれば、2万5000円のうち半分だけNISAに回し、残りの1万2500円は、ご自身の今の楽しみのために使うというのでもよいと思います。

教えてくれたのは……深野 康彦さん

マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金まわり全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。著作に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で資産運用関連の書籍を見るAmazon で資産運用の書籍を見る
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、アンケート(2024/4/30まで)を実施中です!

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※謝礼付きの限定アンケートやモニター企画に参加が可能になります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます