節約

パーカーのフードが乾かない、セーターの置き場に困る…! 冬の洗濯の悩みを“家事のプロ”が解決

パーカーのフードが乾かない、厚手のジーンズが乾かない、まだ洗濯したくないセーターの置き場に困るなど、日差しが弱い冬の洗濯は何かとお悩みが多いものです。冬の洗濯のお悩みを解決する方法をご紹介します。

矢野 きくの

執筆者:矢野 きくの

節約ガイド

日頃の家事の中には、季節によって対応を変えなければいけないものもあります。特に冬の洗濯は、日差しが弱く生乾きになってしまったり、ニットなど洗濯するのが難しいものが増えたりと、何かとお悩みが多いものです。今回はそんな冬の洗濯のお悩みについての解決方法をご紹介します。
 

パーカーのフードや厚手のジーンズが乾かない問題を解決

洗濯物が乾かないというお悩みは、日差しの弱い冬の洗濯あるあるです。特にパーカーのフードは乾かないものの代表。頻繁にパーカーを洗濯するご家庭なら、パーカー専用のハンガーを使うのも1つの手です。

カインズの「フード付き衣類が乾きやすいステンレスハンガー」税込498円は、フードを掛ける部分があり、風や日に当たる部分が増えるため、フードだけが湿っているということを防げます。
フード付き衣類が乾きやすいステンレスハンガー

カインズ「フード付き衣類が乾きやすいステンレスハンガー」税込498円

通常のハンガーに組み合わせて使うフード用のフックも100円ショップで数種類売られていますので、そのようなものを利用するのも良いでしょう。

フード付き衣類を洗濯する回数が多くないのであれば、身頃はハンガーに掛け、フード部分だけ持ち上げて洗濯バサミでとめるという方法もあります。

また、ジーンズなど厚手のパンツも乾きづらいもの。パンツ類は特に中に空洞ができるように、洗濯バサミでウエストをつまんで干すと乾きやすくなります。
乾きづらいジーンズの干し方

ジーンズは洗濯バサミではさんで空洞を作って干す

 

肩にハンガーの跡が残ってしまう問題を解決

洗濯物がなかなか乾かないため、肩の部分にハンガーの跡が残ってしまうというお悩みもあります。この場合は、衣類に沿うような太めのハンガーを使うのがおすすめです。

カインズの「乾きやすくそのまま収納できる幅広ハンガー」は3本1セットで税込698円。ハンガーが太くなっているので肩に跡が付きづらく、また肩部分には空気口が開いているので風通しが良く、洗濯物が乾きやすくなります。
カインズ乾きやすくそのまま収納できる幅広ハンガー 3本組

カインズ「乾きやすくそのまま収納できる幅広ハンガー 3本組」税込698円

肩に跡をつけないための幅広のハンガーは100円ショップでもさまざまなタイプのものがあるので、それらを利用するのも良いでしょう。
 

1度で洗濯しないセーターの置き場に困る問題を解決

冬は直接肌に触れない衣類もあります。コートやセーターは1度着ただけでは洗濯しないのが一般的でしょう。コートはそのままハンガーに掛けられるので問題ありませんが、セーターの置き場に困るというお悩みが多くあります。

1度でも着る前のセーターを洗濯済みの他の服と一緒にタンスにしまってしまうと、湿気が移ってしまったり、汚れが原因となってカビが発生してしまったりする可能性もあります。

下の画像のように折りたんでハンガーに掛けることで、セーターが伸びることなく、コートなどと一緒に掛けて収納することができます。
セーターをハンガーに掛ける方法

セーターをハンガーに掛ける方法(画像左上から時計回り)

冬の洗濯物のお悩みも、便利グッズやちょっとしたテクニックで解決することができます。この冬、ぜひお試しください。
【編集部おすすめの購入サイト】
楽天市場で節約関連の書籍を見るAmazon で節約対策の書籍を見る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます