脳科学・脳の健康

Q. 寒いとトイレが近くなるのはなぜ?

【大学教授が解説】寒い季節になるとトイレが近くなるのはなぜでしょうか? 寒い場所で体が冷えて、急にトイレに行きたくなった経験は、多くの人にあると思います。なぜ寒いとトイレに行きたくなるのか、わかりやすく解説します。

阿部 和穂

執筆者:阿部 和穂

脳科学・医薬ガイド

Q. 寒いとトイレが近くなるのはなぜですか?

寒がる女性

寒いとトイレに行きたくなる回数が増えるのはなぜ?

「寒いとトイレが近くなる」「体が冷えるとトイレに行きたくなる」という経験は、多くの人があると思いますが、なぜでしょうか? 汗をかく量が減るからでしょうか? 意外な理由を、わかりやすく解説します。

Q. 「毎年、冬になると頻尿ぎみになります。夏のように汗をかかない分、トイレに行って水分を出しているのかなと思っていましたが、夏に比べて水分補給をしていないのに、トイレに行く回数ばかり増えるのは不思議です。なぜなのでしょうか?」
 

A. 寒さで皮膚の血管が収縮し、余った血液が尿を作る腎臓などに回るからです。

「寒くて体が冷えると、トイレに行きたくなる」ということは、多くの方に経験があることだと思います。私たち人間は恒温動物で、体温をどの季節も一定に保つことで、体の機能を維持しています。周りが寒いときには、体温が下がらないように、つまり体内の熱を外に逃がさないような仕組みが働きます。その一つが「皮膚表面の血管を収縮させる」ことです。

暑い日に屋外にいると、暑さで顔が赤くなりますね。暑いときは皮膚の血管が拡張して、皮膚へと流れる血液量が増え、その色を反映して肌が赤みを帯びるからです。これとは逆に、寒い日は、外気に触れて冷たくなった皮膚の色が白くなりますね。血管が収縮することで血が流れにくくなり、表面から見える赤みが消えるためです。

一方で、心臓が収縮して送り出される血液量はどの季節も同じです。血液は全身へと送り出されますが、寒いときに皮膚の血管が収縮していると、皮膚に流れていく量は減ります。そして余った血液は、主に内臓に回るようになります。つまり、腎臓の血流量も自ずと増え、その分、尿の生成量が増えて、トイレが近くなるというわけです。

「腎臓の血流量が増えることで、尿量が増える」という点で、コーヒーを飲むとトイレが近くなるのと同じです。コーヒーを飲んだときと、寒いときにトイレに行きたくなる理由が同じというのは、少し意外な面白さがありますね。

■関連記事
【編集部からのお知らせ】
・「20代男性俳優」について、アンケート(2024/5/31まで)を実施中です!(目安所要時間5分)

※抽選で30名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※回答上限に達し次第、予定より早く回答を締め切る場合があります
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます