iPhone

意外と知らない「iPhone」の時短術! 小さい「つ」などの文字は変換不要

iPhoneで文字入力をする際、小さい「つ」や「や」などは、実は小さくする必要がないのです。なぜかというと……?

ばんか

執筆者:ばんか

インターネットサービスガイド

iPhoneで小さい「つ」などの文字は変換不要

iPhoneで小さい「つ」などの文字は変換不要

今回はiPhoneの文字入力について、ちょっとした時短術を紹介します。

結論からお伝えすると、文字入力における小さい「つ」や「や」などは、実は小さくする必要がないのです。ほんの少しの差かもしれませんが、LINEやメール、あるいはSNSへの投稿など、iPhoneで文字を入力する機会が多い人は、積もり積もれば大きな時短になります。
 

小さい「つ」は入力しなくても予測変換してくれる

例えば「救急」「入力」「キャンプ」、あるいは漢字でなくても「せっかく」「いっぱい」「しましょう」など、小さい文字を使った言葉は非常に多く存在します。

これらを入力するときは、一般的に、キーボードの左下のキーを押して、文字を小さく変換しますよね。大きな「つ」を入力してから、左下の「小」をタップして、文字を小さくすると思います。
iPhoneの小さい「つ」などの文字は入力不要

左下の「小」をタップして、文字を小さくする

しかしそれをしなくても、iPhoneは入力しようとしている単語、言葉を類推して、予測変換として提案してくれます。

・「救急」と打ちたい場合
先ほどの例でやってみます。「救急」と打ちたいとき「きゆうきゆう」と入力。すると予測変換に、きちんと正しい変換候補が提案されています。
iPhoneの小さい「つ」などの文字は入力不要

「きゆうきゆう」と入力すると、予測変換に「救急」と出てくる


・平仮名でも
これは漢字だけではありません。「せつかく」「いつぱい」「しましよう」など、平仮名だけで作られる言葉であっても、きちんと予測変換してくれます。
iPhoneの小さい「つ」などの文字は入力不要

平仮名だけで作られる言葉でも、きちんと予測変換してくれる

 

濁点、半濁点も入力しなくてもいいけれど……

同じ要領で「ばびぶべぼ」などの濁点や、「ぱぴぷぺぽ」などの半濁点も、実は入力しなくても予測変換候補を提案してくれます。

「キャンプ」と入力しなくても「きやんふ」と打てば、候補の先頭に「キャンプ」を出してくれます。
iPhoneの小さい「つ」などの文字は入力不要

「きやんふ」と打てば、「キャンプ」が出てくる


・デメリットもある
しかしこの方法はちょっとデメリットもあります。

例えば「群青」と入力したいとき、「くんしよう」と入力すれば、予測変換候補にきちんと「群青」が表示されます。しかし同じ音で「勲章」という単語が存在するため、「群青」の変換候補は後ろのほうに表示されてしまいます。
iPhoneの小さい「つ」などの文字は入力不要

「くんしよう」と入力すると、「勲章」と「群青」などが出てくる

濁点、半濁点の場合、それを付けるか付けないかで、意味する単語の幅が非常に広がってしまいます。そのため、目的の検索候補が後ろのほうに回されてしまい、すぐに見つけられない可能性があります。

これでは時短の目的が叶わず、むしろより多くの時間がかかってしまう可能性があります。ですので濁点、半濁点の場合には、あまり多用しないほうがいいといえそうです。

「そういうテクニックがある」ということだけは覚えておくといいかもしれません。
【編集部おすすめの購入サイト】
Amazon で人気の iPhone 用品をチェック!楽天市場で iPhone の関連商品をチェック!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。

あわせて読みたい

あなたにオススメ

    表示について

    カテゴリー一覧

    All Aboutサービス・メディア

    All About公式SNS
    日々の生活や仕事を楽しむための情報を毎日お届けします。
    公式SNS一覧
    © All About, Inc. All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載・公衆送信等を禁じます