「30代は、お肌の曲がり角」気付かぬうちのやってくる、この曲がり角。あまり喜ばしい分岐点では無いですよね?実はこの曲がり角は髪にも残念ながら、やってくるんです!「あれ?髪が細くなったような・・・」「なんか最近乾燥するんだよね・・・」「スタイリングが決らないなあ・・・」そんな悩みを感じて来た貴女、今までとは違った毎日のヘアケアが必要なんです。年齢に適した毎日のヘアケア!これが曲がり角を上手に曲がるコツ。さあこの記事を読んで今日から実践です。





年齢に応じて化粧水などの基礎化粧品は変えていきますよね?でも髪の扱いは同じ、こんな方が殆どではないでしょうか?これでは、髪や頭皮は衰退します。30代どんなヘアケアをするかで、その後の髪が決ってくると言っても過言では無い位の影響力があるのです。最近ではカラーリングも一般的になり、加えてドライヤーの使用頻度やシャンプーの回数等も昔とは比較になら無い位増えています。
実際、日々御客様の髪を触って感じる事なのですが、20年前の30代の御客様と今の30代のお客様の髪は確実に違うのです。統計でも出ていますが『薄毛』で悩む方の低年齢化が進む傾向にあります。ですから今、基礎ケアが必要なのです。





○問題点○

大きな問題として、30代を過ぎると「悪循環」が起こってきます。
まず、皮脂の分泌が弱まります、そうした場合オイル分で補おうとします。
しかし髪が細くなってきますのでスタイリング時に「べたっと」した仕上がりになります、その時に今までと同じヘアケアをしていたら結果的に、この悪循環が起こってしまうのです。


○ヘアケア製品の選びかた○

この悪循環が起こる理由の一つに、シャンプー剤やトリートメント剤のチョイスに問題があります。全部とは言いませんが市販品の比較的安価な物は、シャンプーの洗浄成分が石油系そしてトリートメントの潤い成分が鉱物系という物が出まわっているのです。石油系の洗浄成分の場合、脱脂力と汚れを落とす効能に特化していますが、その反面30代からの場合地肌に必要な皮脂まで取ってしまう恐れもあるのです。トリートメントの鉱物系の潤い成分の場合、使用感としては潤っているように感じますが油分で補っているに過ぎないのでスタイリング時にはべたっとした仕上がりになってしまうのです。
では、どのようなヘアケアグッズをチョイスすれば良いのか?
・アミノ酸を洗浄成分にしたシャンプー剤を選ぶ
・オイル分を多く含んだ製品は選ばない
・ドラッグストアやスーパーは避け「美容室」カウンセリングを受ける
・無添加系、自然成分を多く含む製品を選ぶ
・今の髪の状態に合わせられるラインナップを形成するシリーズを選ぶ