老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、65歳から半年間、年金を繰り下げ受給できるのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:年金の繰り下げ受給の期間は半年でもいいの?

「年金を増やしたくて、65歳からもらう年金の繰り下げ受給をしたいのですが、65歳からの生活費に自信がないため、様子を見たく半年ぐらい繰り下げ受給して、途中で、繰り下げをやめたりすることもできるんでしょうか? 手続きの注意点とか、いくら増えるのかについて教えてください」(会社員・59歳)
 
年金の繰り下げ受給をできる期間とは

年金の繰り下げ受給ができる期間とは

 

A:66歳以降(1年経過後)から、1カ月単位で繰り下げできます。65歳から半年間(6カ月)の繰り下げ受給はできません

通常、老齢年金は、65歳になると請求して受け取れますが、2021年(令和3年)現在は、66歳以降70歳までの間で、受給開始時期を1カ月単位で選択できます。

なお、2022年(令和4年)4月からは、最長75歳まで受給開始時期を選択できるようになります。75歳まで繰り下げできる方は、令和4年4月1日以降に70歳に到達する人(昭和27年4月2日以降に生まれた人)です。

繰り下げ受給をすると、1カ月繰り下げるごとに0.7%、年金額が増額されます。増額率は以下のように計算します。

・増額率=(65歳到達月から繰り下げ申出月の前月までの月数)×0.007

繰り下げには、老齢基礎年金の繰り下げと老齢厚生年金の繰り下げがありますので、片方だけ、両方同時に繰り下げすることもできます。

繰り下げた期間に応じて増額された年金を生涯にわたって受け取れます。相談者は半年(6カ月・つまり65歳からの半年間)だけ繰り下げとのことですが、繰り下げ受給の請求は、66歳以降から請求できる制度です。最短でも1年間(12カ月)待ってからになります。65歳から半年間(6カ月)だけ繰り下げすることはできません。66歳以降になると、1カ月単位で繰り下げできます。

例えば相談者が、66歳になった時点で繰り下げ請求をすると、増額率は以下のようになります。

・増額率=12カ月×0.007%=8.4%

このように、8.4%増えた年金額を一生涯受け取れます。老齢基礎年金を満額78万900円(令和3年度)受け取れる場合、84万6495.6円(年額)受け取れます。

・78万900円×(1+0.084)=84万6495円(1円未満は切り捨て。切り捨てられた端数の合計は2月期に加算されます)

また、繰り下げ受給の手続きについてですが、65歳の誕生月に「年金請求書」が届きますので、その書類を返送しないままにすると、65歳の間は年金を受給しないことになります。

そして66歳以降に、「老齢基礎/厚生年金支給繰下げ請求書」を年金事務所に提出すると、66歳から繰り下げ受給ができるということです。繰り下げの手続きをした後は、原則取り消しや修正はできません。一度決まった、増えた年金を受け取り続けることになります。

※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)


【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。