老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に専門家が回答します。今回は、55歳の介護離職している方からの相談で、60歳から年金をもらったほうがいいのかについてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:無職なので、年金を60歳から繰り上げ受給したほうがよいのでしょうか?

「87歳の父親の介護のため、無職でいる55歳です。預貯金が5000万円あり、今は父の年金が年間100万円。実家は持ち家でローンはありませんが、築60年のためリフォームが必要になってきます。私は65歳から年金を受け取るので、それまでは、預貯金を取り崩しての生活になりますが、年金を60歳からもらったほうがよいかアドバイスお願いします。父親が高齢のため、死去後はバイトしたいとは思いますが、高齢のため採用してもらえないかもしれません」(相談者)
 
親の介護で仕事をしていないが、年金を繰り上げ受給いたほうがいいの?

親の介護で仕事をしていないが、年金を繰り上げ受給したほうがいいの?

 

A:繰り上げ受給しなくても、老後資金は足ります

まず、将来使う予定のお金について考える必要があります。ひとつ目は、ご実家は築60年とのことですのでリフォーム費用を確保することになります。リフォーム費用は、工事内容によりさまざまですが、1000万円くらいを予定したいと思います。現在のお父様の年金や預貯金は、日々の生活費や介護の費用になると思いますので、相談者自身の5000万円の預貯金から用意することになると思います。

ふたつ目は、相談者が高齢になり医療費の負担が多くなることや、介護の費用・予備資金として1000万円確保したいと思います。平均な単身世帯の支出費13万9000円/月(166万8000円/年)で生活した場合、何年間取り崩すことができるか計算してみます。

取り崩せるお金……5000万円-1000万円(リフォーム費用)-1000万円(自身の介護費用)=3000万円
取り崩せる期間……3000万円÷166万8000円/年(13万9000円/月)=17.985年


55歳から年金を受け取る65歳までは10年間です。その期間の生活費は維持できることになります。例えば、65歳から月14万円の年金を受け取れるとし、その年金で生活を賄えるようにダウンサイジングをすれば、破綻することはありません。

また、相談者が繰り上げ受給した場合、令和3年現在では、1カ月早くもらうごとに、本来の年金額から0.5%減額されます。年金の制度改正が成立し、2022年(令和4年)4月から0.4%になります。令和4年4月1日以降に60歳に達する人が対象になります。

繰り上げ受給は老齢基礎年金と老齢厚生年金を同時に行う必要があります。例えば、相談者が14万円/月(168万円/年)受け取れると仮定し、60歳から受け取ると、減額率=0.4%×(5年間×12カ月=60カ月)=24%となりますので、60歳から受け取れる金額は、168万円/年×(1-0.24)=127万6800円/年(10万6400円/月)になります。同様に13万9000円(年間:166万8000円)で生活すると仮定した場合は、3万2600円/月(39万1200円/年)不足します。

取り崩せる期間:3000万円÷39万1200円/年(166万8000円/年)=76.687年

極端ですが、60歳から年金を受け取ると、3000万円を取り崩す期間は60歳+76年と考えると136歳までとなります。あくまでも相談者が65歳から厚生年金を月14万円受け取れると仮定しての試算になります。もらえる年金額が少ない場合は再度計算する必要があります。

繰り上げ受給した場合の注意点ですが、いったん繰り上げ受給すると取り消しできないうえ、減額された年金は一生涯減額されたままです。その他、受給権発生後に初診日があるときは、障害基礎年金が受けられません。国民年金に任意加入できないなどのデメリットがあります。老齢年金の繰り上げ受給には注意しなければなりません。
 
※年金プチ相談コーナーに取り上げてほしい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。