横浜観光地でテラス席があるおすすめカフェ&レストラン

テラス席がある横浜観光地のカフェ&レストランをピックアップ!

テラス席がある横浜観光地のカフェ&レストランをピックアップ!

外食を楽しみたいけれど「三密」がまだまだ気になる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。換気抜群の広々としたテラス席がある、横浜観光地のレストランやカフェ、商業施設を紹介します。


<INDEX>

  1. トラットリア・ダ・ケンゾー<馬車道>
  2. GATHER@EATINGHOUSE<みなとみらい>
  3. 美心酒家(ビシンシュカ)<横浜中華街>
  4. えの木てい<山手>
  5. ラクシス フロント<桜木町>
  6. 横浜ハンマーヘッド<みなとみらい>
     

トラットリア・ダ・ケンゾー(Trattoria Da Kenzo)<馬車道>

トラットリア・ダ・ケンゾー外観

トラットリア・ダ・ケンゾー外観(2020年6月20日撮影)

2020年4月、横浜・馬車道にオープンしたイタリアンレストラン「トラットリア・ダ・ケンゾー 」。横浜で20年以上続く老舗イタリアンの料理長を17年間つとめた西沢健三さんが独立し、オーナーシェフとして開業しました。
眼下に馬車道をのぞむテラス席

眼下に馬車道をのぞむテラス席(2020年6月20日撮影)

68席のうち、なんと24席がテラス席! 2人掛け、4人掛けなどがあり、馬車道を見下ろすロケーションで食事を楽しめます。
店内も広々としていて開放的。テーブル席のほかカウンター席(8席)もあります

店内も広々としていて開放的。テーブル席のほかカウンター席(8席)もあります(2020年6月20日撮影)

名物「ビステッカ」をはじめとした肉料理、新鮮な魚介を使う魚料理、季節の素材を活かしたパスタなど、ソムリエ厳選のワインとともに楽しみたいボリューム満点のメニューが揃います。
ランチコース「手打ちタリアテッレ 天然エビとグリーンアスパラのクレーマ」

ランチコース「手打ちタリアテッレ 天然エビとグリーンアスパラのクレーマ」(2020年6月20日撮影)

「トラットリア・ダ・ケンゾー(Trattoria Da Kenzo)」店舗情報
住所:横浜市中区相生町5-78 清栄ビル 3階 ※1、2階は平安堂薬局
TEL:045-298-3737
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00)、17:30~23:00(L.O.21:30)
定休日:月曜
URL:トラットリア・ダ・ケンゾー(Instagram)
 

GATHER@EATINGHOUSE(ギャザーイーティングハウス)<みなとみらい>

GATHER@EATINGHOUSE 入口(2021年6月27日撮影)

GATHER@EATINGHOUSE 入口(2021年6月27日撮影)

横浜ワールドポーターズ1階にある、ランチからディナーまで時間に応じて使えるビアレストラン「GATHER@EATINGHOUSE」。店内は150席、テラス席はなんと100席もあります。パラソルがあり、多少の雨でもテラス席が利用可能となっています。
オリジナルモクテル(ノンアルコールカクテル)ヨコハマベイ(税込748円)

オリジナルモクテル(ノンアルコールカクテル)ヨコハマベイ(税込748円)(2021年6月27日撮影)

横浜を中心に厳選したクラフトビール、クラフトソーダなど豊富なドリンクの数々とともに、タパス(=おつまみ)や豪快な炭火焼き料理、生パスタ、本格ピザなど、バラエティー豊かな料理を堪能できます。
牛ハラミ炭火焼きステーキ(税込1848円)

牛ハラミ炭火焼きステーキ(税込1848円)(2021年6月27日撮影)

「ギャザーイーティングハウス(GATHER@EATINGHOUSE)」店舗情報
住所:横浜市中区新港2-2-1 横浜ワールドポーターズ1階
TEL:045-323-9005
営業時間:11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日:施設に準ずる
URL:GATHER@EATINGHOUSE
 

美心酒家(ビシンシュカ)<横浜中華街>

美心酒家にはテラス席が完備(2021年6月26日撮影)

美心酒家にはテラス席が完備(2021年6月26日撮影)

中山路と香港路を結ぶ細い路地に入ると、カラフルな看板が印象的な香港の屋台街のような風景が広がります。そのうちの1軒「美心酒家」は、1980年代の古き良き香港料理がコンセプト。テラスには2テーブルが用意されています。
香港風エビワンタン麺(税込1080円)

香港風エビワンタン麺(税込1080円)(2021年5月10日撮影)

香港から取り寄せる細麺を使った「香港風エビワンタン麺」や「煲仔飯(ボウジャイファン=土鍋ごはん)」など、香港の味が気軽に楽しめます。オリジナル料理「マーボートーフファー」もおすすめ。毎日手作りする豆腐を使った料理で、豆板醤などが入ったスープをかけていただきます。
店内も香港の雰囲気たっぷり(2021年5月10日撮影)

店内も香港の雰囲気たっぷり(2021年5月10日撮影)

「美心酒家(ビシンシュカ)」店舗情報
住所:横浜市中区山下町139 龍華ビル1階
TEL:045-228-9888
営業時間:月~金 11:00~15:00、17:00~22:30(L.O22:00)、土日祝 11:00~22:30(L.O.22:00)
定休日:水曜
URL:美心酒家(横浜中華街公式サイト)
 

えの木てい<山手>

築100年近くの洋館を利用したティールーム「えの木てい」(2021年5月14日撮影)

築100年近くの洋館を利用したティールーム「えの木てい」(2021年5月14日撮影)

1927年に建てられた英国式の洋館を活用したティールーム「えの木てい」。店名の由来となった大きなエノキの木のある前庭には、約30席あるテラス席が設けられています。なお、テラス席を利用する際は、店内でオーダーして支払いをすませるシステムとなっています。
前庭にあるテラス席(2021年8月11日撮影)

前庭にあるテラス席(2021年8月11日撮影)

平日限定のアフタヌーンティーセット「復刻版ローズガーデンセット」が大人気。予約不要で気軽にオーダーできます。生地に生クリームを使っているスコーンは、外はさっくり、中はしっとりとしていて絶品。日本紅茶協会「おいしい紅茶の店」の認定店でもあります。
復刻版ローズガーデンセット(税込1950円)(2021年8月11日撮影)

復刻版ローズガーデンセット(税込1950円)(2021年8月11日撮影)

 「えの木てい(エノキテイ)」情報
住所:横浜市中区山手町89-6
TEL:045-623-2288
営業時間:平日 12:00~17:30(L.O.17:00)、土日祝 11:30~18:00(L.O.17:30)
定休日:なし
URL:えの木てい  
 

LUXS FRONT(ラクシスフロント)<桜木町>

横浜市新市庁舎の1~2階に位置する商業施設「LUXS FRONT(ラクシスフロント)」(2021年5月15日撮影)

横浜市新市庁舎の1~2階に位置する商業施設「LUXS FRONT(ラクシスフロント)」(2021年5月15日撮影)

2020年6月に全面供用開始となった、横浜市新市庁舎の1~2階に位置する商業施設「LUXS FRONT(ラクシスフロント)」。飲食店やブック&カフェ、横浜土産店、コンビニエンスストアなど19店舗が入店しています。
1階の水辺テラスにはテーブルやイスが置いてあります(2021年4月6日撮影)

1階の水辺テラスにはテーブルやイスが置いてあります(2021年4月6日撮影)

1階「もとまちユニオンフードホール」には、スーパーマーケット「もとまちユニオン」のほか、ラーメン店やパン店など5店の飲食店が並びます。店内にある座席のほか、水辺テラスに設けられたテーブルが利用可能。
1階フードホール「横浜中華そば 維新商店」のメニューもテラス席で食べられます(2021年4月19日撮影)

1階フードホール「横浜中華そば 維新商店」のメニューもテラス席で食べられます(2021年4月19日撮影)

2階には「TSUBAKI食堂」、イタリアン「リトラーネオ」など5店の飲食店が入店しており、水辺デッキに各店のテラス席が設けられています。オープンエアで横浜の風景を見ながら楽しむ食事は最高です。
2階水辺デッキには各店のテラス席が完備(2021年3月3日撮影)

2階水辺デッキには各店のテラス席が完備(2021年3月3日撮影)

「LUXS FRONT(ラクシスフロント)」情報
住所:横浜市中区本町6-50-10 横浜市庁舎1、2階
営業時間:店舗により異なる
URL:LUXS FRONT
 

横浜ハンマーヘッド<みなとみらい>

2020年8月にオープンした「ハンマーヘッドパーク」(2020年8月29日撮影)

2020年8月にオープンした「ハンマーヘッドパーク」(2020年8月29日撮影)

2019年10月にオープンした、新港ふ頭客船ターミナル、ホテル「インターコンチネンタル横浜 Pier 8」、体験・体感型の商業施設「ハンマーヘッドSHOP&RESTAURANT」が一体となった複合施設「横浜ハンマーヘッド」。
テイクアウトしたフード類を食べることができる「フリーテラス席」(2020年8月29日撮影)

テイクアウトしたフード類を食べることができる「フリーテラス席」(2020年8月29日撮影)

ハンマーヘッドSHOP&RESTAURANTには、飲食店を中心に約20店舗が出店しています。各レストランが設けているテラス席のほかに、誰でも利用可能なハンマーヘッドテラスがあり、そちらでテイクアウトメニューなどを楽しめるようになっています。
近代化産業遺産「ハンマーヘッドクレーン」を見ながらテイクアウトドリンクを(2021年5月10日撮影)

近代化産業遺産「ハンマーヘッドクレーン」を見ながらテイクアウトドリンクを(2021年5月10日撮影)

「横浜ハンマーヘッド」情報
住所:横浜市中区新港2-14-1
TEL:045-211-8080(インフォメーションカウンター)
営業時間:1階 10:00~21:00、2階 11:00~23:00 ※一部店舗は異なる
URL:横浜ハンマーヘッド

換気の心配のないテラス席を利用して、外食を楽しんでみてはいかがでしょうか。


【関連記事】
横浜・みなとみらいに本格BBQが気軽に楽しめるアウトドアフィールドが誕生
【2021年最新】横浜のおいしいパンケーキおすすめ店15選!
横浜・八景島シーパラダイス「うみファーム」がリニューアル! 釣って食べて“海育”がテーマ
横浜・みなとみらいに開業したロープウェイ「ヨコハマ・エア・キャビン」、片道1000円は高い? 妥当?【現地レポ】
横浜で「動く実物大ガンダム」起動!“ガンダム目線”が体感できるスポットも【現地レポ】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。