コミュニケーション上手な人が絶対にやっている3つのこと

コミュニケーション上手な人が絶対にやっている「3つのこと」とは?

人間関係の悩みを抱えている人は多いですよね。中でも、人とうまくコミュニケーションがとれなくて悩んでいる人は意外といます。コミュニケーションが上手な人は、どんなことを心がけているのでしょうか? 3つのポイントをご紹介します。
 

コミュニケーション上手な人ができていること1:相手に興味を持つ

コミュニケーションにおいて、自分のことには興味持ってほしいのに、相手のことに対しては興味を抱いていない、というケースは少なくありません。そもそも「相手はどういう人なのか」を理解したほうが、会話が弾みやすくなります。

例えば、人に教えることが好きな相手だったら、何か相談すると距離が縮まることもあります。冗談が好きな人であれば、真面目な返しよりもユーモアを交えたほうがいいかもしれません。もし相手の趣味を知っていたら、その趣味の話題を振ると、話が盛り上がりやすくなるでしょう。だからこそ、いいコミュニケーションをしたければ、まずは相手のことを知ったほうがいいのです。

特に好きな人と話すときは、「自分がどう思われるか」ばかりを気にして、相手のことをよく観察していない人が多いもの。自己アピールばかりするよりも、むしろ相手の話を聞いて良き理解者になったほうが、得策であるにもかかわらず、です。

コミュニケーションは、「言葉」と「思い」のキャッチボールです。相手とスムーズなキャッチボールをしたければ、「相手が取りたくなるボール(言葉と思い)を投げること」「相手が投げたボール(言葉と思い)をきちんとキャッチすること」が大切です。

「相手が取りたくなるボールを投げる」よりは、「相手が投げたボールをきちんとキャッチすること」のほうが、難易度は低いですが、実は、そっちほうが相手の心をつかむには効果的なのです。だから、まずは相手の性格や好みなどを観察しながら、どんなボールを投げてくるのかに興味を持つようにしましょう。
 

コミュニケーション上手な人ができていること2:リアクション力がある

相手がせっかく話してくれているのに、リアクションが薄いと「あれ? つまらないのかな」と思わせてしまいます。たとえつまらないのだとしても、相手と仲良くしたいのであれば、相手の話を聞きながら楽しそうに相槌を打つことは大切です。

自分では楽しそうに聞いているつもりでも、相槌がなかったり、顔の表情が硬かったりすると、相手には「怒っている」ように見えてしまうこともあります。だから、“意図して”きちんとリアクションするようにしましょう。

人は、相手が楽しそうに話を聞いてくれると嬉しくなり、もっともっと話したくなります。そして、自分が話したことをきちんと相手が受け止めてくれたら「この人とは気が合う。また会いたい!」と思いやすくなるのです。

また、「リアクションのさしすせそ」ができるといい、といわれていますよね。これは、「さ」すが。「し」らなかった。「す」ごい。「セ」ンスいい。「そ」うなんですね、のこと。無理に使うとわざとらしくなってしまいますが、リアクションが薄い人は、使えるようになっておくと役立つことがあるかもしれません。
 

コミュニケーション上手な人ができていること3:的確な距離感をはかる

人との付き合いで一番大事なのは、「距離感」です。相手が望んでいるよりも近すぎると、「うざい」と思われてしまうし、逆に遠すぎると冷たい人だと誤解されてしまうことがあるからです。

では、コミュニケーションにおける重要な距離感は何かというと、「相手に聞いていいこと、聞かないほうがいいことを見極める」ことです。出会って間もない相手の場合は、まだ的確な距離感が読めないところもあるので、ズカズカと相手の心に土足で踏む込まないためにも、相手のほうから話してくれるのを待つことが大切です。場合によっては、まずは自分のほうから自己開示をして、相手が話しやすい雰囲気に持っていくのもいいでしょう。

「親しき仲にも礼儀あり」というように、どんなに親しい間柄であっても、お互いが望む距離感が違うと、関係が壊れてしまうこともあるので、気を付けたほうがいいでしょう。
 

まずは、会話のキャッチボールを楽しもう!

ここまでコミュニケーション上手な人ができていることを3つ紹介しました。とはいえ、相性もあるので、合う人、合わない人はもちろんいます。だから、テクニックがあれば、誰とでも上手に話せるわけではありません。

ただ、先ほども伝えたように、キャッチボールをするような気持ちで、「相手が取りたくなるボールを投げること」「相手が投げたボールをきちんとキャッチすること」を心がけてみましょうね。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。