コロナ禍をきっかけに、投資を始めた方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、「生活の足しになりそうな優待銘柄」と題し、今注目の3銘柄をランキングでご紹介します。
 

株主優待ランキング第3位:キャンドゥ<2698>

第3位は100円ショップを展開する「キャンドゥ<2698>」です。直近株価を調整しており、1890円前後で推移しています。

  • 最低購入価格:18万9300円(2021年10月1日時点)
  • 最低売買単位:100株
  • 権利確定月:5月末 
  • 優待内容:自社店舗で利用できる優待券
  • 配当利回り:0.9% 
同社の株主優待は、「100円+必要税分」ずつチケットで使えるので、ちょっとした買い物など、日常の延長で使いやすく、魅力的です。100株で2000円+税相当分のお買い物ができます。全国に店舗がありますし、日頃同店を利用する人は、ぜひ検討してみてください。ちなみに、全国展開しているその他の100円ショップを見てみると、セリア<2782>は優待なし、ダイソーは現在未上場となっています。
 

株主優待ランキング第2位:イオン<8267>

第2位は株主優待として人気のイオン<8267>です。 キャンドゥと同じく、イオンを日々の生活で利用されている方なら、家計の強い味方となる優待銘柄です。

  • 最低購入価格:28万6900円(2021年10月4日時点)
  • 最低売買単位:100株
  • 権利確定月:2月末/8月末 
  • 優待内容:買い物券・プリペイドカード、その他
  • 配当利回り:1.25%
買い物の都度、保有株数に応じた返金率でキャッシュバックを受けることができます。たとえば100株だと、半期の購入金額100万円まで3%の割引を受けられます。また、毎月のお買い物感謝デー(20日と30日)は、割引率がアップします。さらに、3年以上継続保有し、1000株以上所有していると、プラスしてイオンで使えるギフトカードがもらえます。
 

優待ランキング第1位:日清オイリオグループ<2602>

第1位は、日清オイリオグループ<2602>です。100株で1500円相当、200株以上で3000円相当の食用油が年に一度届きます。料理をされる方にとって油は必需品ですよね。

  • 最低購入価格:30万5500円(2021年10月5日時点)
  • 最低売買単位:100株
  • 権利確定月:3月末 
  • 優待内容:自社製品の詰め合わせ
  • 配当利回り:2.95%
近年、原材料の高騰から値上がりが続いており、この先もその傾向は続くのではないかと考えています。そのような中、内容量を減らすなど、優待内容をマイナーチェンジしていない点も好感が持てます。また、配当利回りも2.95%あるので、配当と優待合わせて投資先として検討してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたでしょうか。生活の足しにと考えるのであれば、日ごろ利用しているお店で優待サービスを受けられたり、日常生活の中で使っているものがもらえたりする銘柄を選ぶのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてください。

※記載している株価や優待内容は、記事執筆時点でのものになります。また、記載している情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。


【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/10/1~2021/10/31まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。