大手スーパーのイオンが昨年より本格的に展開している新しい買い物システム「レジゴー」。見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

カゴに入れた商品をレジに持って行き会計をするという従来のやり方ではなく、購入者がカゴに商品を入れる際にレジゴーでバーコードを読み取り、最後に支払い専用機で会計をするというものです。

実際にどのような仕組みになっているのか、レジゴーの使い方やメリットをご紹介します。
 

レジゴーには専用端末かスマホアプリが必要

レジゴーを利用するには店舗に用意されている専用端末かスマホにアプリを入れる必要がある

レジゴーを利用するには店舗に用意されている専用端末かスマホにアプリを入れる必要がある

レジゴー対応店舗には、カゴやカートが置かれている近くにレジゴー専用端末が並べられています。レジゴーを使うには、このレンタル専用端末か、スマホにレジゴーアプリをダウンロードしたものが必要となります。
 

購入する商品のバーコードをレジゴーで読み取る

購入する商品についているバーコードをレジゴーに読み取らせてから、カゴに入れていきます。
購入する商品のバーコードをカゴに入れる前にレジゴーで読み取る

購入する商品のバーコードをカゴに入れる前にレジゴーで読み取る


カートには専用端末やスマホを固定できるホルダーがついているものもあるため、商品をカゴに入れるときにここに取り付けた専用端末で読み取らせることもできます。
レジゴー専用端末やスマホを固定できるホルダーがついたカートもある

レジゴー専用端末やスマホを固定できるホルダーがついたカートもある

 

買い物が済んだらレジゴー専用レジで支払い

買い物が済んだらレジゴー専用レジに行き支払いをする

買い物が済んだらレジゴー専用レジに行き支払いをする


買い物が済んだらレジゴー専用レジに行き、画面右下の「支払い」ボタンを押して画面を切り替えます。バーコードを読み取ると、買い物をした商品データがレジゴー専用レジに転送されるので、そこで支払い手続きをします。

支払いには現金のほか、クレジットカード、WAONなどの各種電子マネーを使うことができます。

支払いが完了すると、会計済みチェック用の二次元バーコードが画面上に表示されます。レジエリア後方のレジゴーゲートにて、「お会計チェック画面」に二次元バーコードをかざして会計の終了です。
 

レジゴーで買い物の時短にも節約にもなる!

筆者は日頃利用しているイオンがレジゴー対応店舗となってから何度も利用していますが、感想としてまず大きく感じたのが、かなり時短になるということです。

レジに並ぶ必要がないのも1つの要因ですが、セルフレジのように一度カゴに入れたものをまた取り出し、スキャンして次のカゴに入れるというサイクルではなく、カゴに入れるときにスキャンが完了しているという点も大きい要因です。

またレジゴーを使用するときに、イオンのレジカゴバッグやマイバスケット(自分専用のカゴ)を使えるため、これらを利用すれば、支払いが完了したらエコバッグへの詰め替えも不要で、すぐに店外に出ることができるのです。
 
そしてお金の節約の面で大きいのは、従来の支払い方法であればレジに行くまで合計金額を把握することが難しかったところ、レジゴー画面に常に合計金額が表示されているということです。

一度レジゴーで読み取って「やはり買うのをやめよう」というときは、画面上で簡単に削除をすることができるので、金額を見ながら買いすぎを防ぐことができるのです。
 
レジゴーは新型コロナウィルス感染拡大前から準備されていたシステムですが、コロナ禍となった今、まさにニューノーマルに合った買い物システムとなり注目されています。お近くのイオンがレジゴー対応店舗の方は、試してみてはいかがでしょうか。

【画像提供】
イオンリテール株式会社

【スマホ用レジゴーアプリ】
(iOS)https://apps.apple.com/jp/app/id1561924500
(Android)https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.aeonretail.regigo

【イオン レジゴー対応店舗】
https://www.regigo.jp/
 
【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。