毎年大きな注目を集めるアップルの「iPhone」シリーズの新機種発表。2021年も日本時間の9月15日に新しいiPhoneが発表されました。今回の新iPhoneは「iPhone 13」と「iPhone 13 Pro」シリーズの合計4機種で、いずれも最新の「iOS 15」を搭載。2020年に発売された「iPhone 12」シリーズを順当に進化させたモデルといえるでしょう。
 

性能向上で正当に進化した「iPhone 13」シリーズ

スタンダードモデルのiPhone 13シリーズは、ディスプレイサイズが6.1インチの「iPhone 13」と、5.4インチの「iPhone 13 mini」の2機種をラインアップ。両機種ともに、iPhone 12シリーズ同様スクエアなデザインを継承しており、カラーはピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDの5色になります。
iPhone 13

iPhone 13シリーズはiPhone 12と同様、「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」の2機種を用意。カラーも5色が用意されている

・ノッチ部分の面積が20%小さく
デザイン面で変化したのは、1つに前面のノッチが小さくなったこと。これはFace IDに用いるTrueDepthカメラの省スペース化がなされたことが影響しているようで、iPhone 12シリーズと比べ20%小さくなっているようです。
iPhone 13

ディスプレイ上部のノッチはiPhone 12シリーズと比べ、20%小型化がなされている

・背面カメラの配置が斜めに
そしてもう1つは背面のカメラの配置です。iPhone 12シリーズでは2つのカメラが縦に並ぶ配置となっていましたが、iPhone 13シリーズではその配置が斜めに変わっているので、iPhone 12シリーズとの見分けは付けやすいかと思います。

・新チップ「A15 Bionic」搭載で性能が向上
性能面を確認しますと、チップセットには新しい「A15 Bionic」を搭載しており、1つ前の「A14 Bionic」を搭載するiPhone 12シリーズより性能が向上していることは間違いないでしょう。またストレージに関しても、64GBモデルが姿を消した代わりに512GBモデルが追加され、128GB、256GB、512GBの3モデルへと強化がなされています。

・広角カメラに手ぶれ補正機能を搭載
そして注目度の高いカメラについてですが、1200万画素の広角カメラと超広角カメラの2眼構成であることはiPhone 12シリーズと変わっていません。ですが広角カメラには「iPhone 12 Pro Max」にしか搭載されていなかったセンサーシフト光学式の手ぶれ補正が搭載、従来以上に手ぶれに強くなったといえます。

・「シネマティックモード」を搭載
一方で、最近のスマートフォンはコンピューター処理で写真や動画を撮影しやすくする機能に力が入れられているのですが、iPhone 13シリーズもA15 Bionicの非常に高い性能を生かし、新しい撮影を実現できる機能がいくつか用意されています。その1つが「シネマティックモード」です。

これは動画撮影時に、人物などの動きに応じてフォーカスを別の被写体に切り替える、「フォーカス送り」という技法を自動的に適用してくれるというもの。従来のカメラでフォーカス送りを実現するにはテクニックが必要で簡単にできるものではありませんでしたが、iPhone 13シリーズでは高い性能とAI技術などを活用することで、それを誰でも簡単に実現できるようにしているのです。
iPhone 13

「シネマティックモード」では、映画などで用いられる、フォーカスを当てる被写体を変えて視聴者の視線を誘導する「フォーカス送り」を自動的に実現してくれる

・「フォトグラフスタイル」を搭載
そしてもう1つが「フォトグラフスタイル」というもの。これは被写体を、人物や背景など複数のフレームに分割して処理する「マルチフレーム処理」を活用し、どの写真にも自分好みの色合い設定を適用した写真を撮影できるものになります。一般的なスマートフォンカメラのフィルター機能と比べ、元の被写体の色合いなどを大きく損ねることなく適用できるのがポイントとなるようです。
 

「iPhone 13 Pro」シリーズは映像のプロ向け機能が強化

一方のiPhone 13 Proシリーズは、6.1インチの「iPhone 13 Pro」と6.7インチの「iPhone 13 Pro Max」の2機種。こちらもiPhone 13シリーズ同様、スクエアなデザインを引き続き採用しており、ノッチが20%小さくなっている点なども共通しています。なおカラーはシエラブルー、シルバー、ゴールド、グラファイトの4色です。
iPhone 13

「iPhone 13 Pro」シリーズも引き続き2機種構成。ノッチの小型化がなされている点などはiPhone 13シリーズと同様だ

こちらも搭載しているチップセットは「A15 Bionic」なのですが、iPhone 13シリーズと比べるとグラフィック処理を担うGPUに違いがあるようです。iPhone 13シリーズ用のA15 Bionicは4コア、つまりグラフィックの計算処理をする“核”が4つなのに対し、iPhone 13 Proシリーズ用のA15 Bionicは5コア、つまり1つ多いのでより高速に処理をこなせるのです。

・「Apple ProResビデオ撮影」に対応
その高い性能を生かしてシネマティックモードやフォトグラフスタイルが利用できるのはもちろんですが、iPhone 13 Proはもう1つ、「ProRes」フォーマットへの対応という特徴も備えています。これはアップルが定めた動画のフォーマットの1つで、映画やCMなどの映像の納品にも用いられる、高い品質の映像を扱えるプロ用のフォーマットです。
iPhone 13

iPhone 13よりグラフィック処理性能の高い「A15 Bionic」を搭載したことで、映像のプロに向けた機能強化に力が入れられている

そうした高品質の映像フォーマットはデータ量も大きくなるため、処理をするには高い性能が必要になってくるのですが、iPhone 13 Proシリーズは非常に性能が高い5コアのA15 Bionicを搭載することで、ProResフォーマットでの撮影や編集を可能にしているわけです。iPhoneは写真に関しても、iPhone 12 Proシリーズでプロが扱う「Apple ProRAW」に対応していたことから、iPhone 13 Proシリーズは写真だけでなく動画においても、プロ品質の撮影ができるようになったといえるでしょう。

そうしたこともあってか、iPhone 13 Proシリーズには新たに1TBのモデルも用意されています。一般ユーザーが通常のスマートフォンの使い方で1TBもの容量を使うケースはあまりないだけに、こうした点からもiPhone 13 Proシリーズが、写真や映像のプロ・セミプロを狙った製品になっていることが理解できるでしょう。
※iPhone 13 Proの128GBモデルは4KでのProResビデオ撮影に非対応

・望遠カメラが光学3倍相当に進化
ただiPhone 13 Proはカメラのハード自体も進化しています。いずれも1200万画素の広角・超広角・望遠カメラという構成は変わらないのですが、望遠カメラが光学3倍相当となったほか、超広角カメラでマクロ撮影ができるようになるなど、より幅広い撮影シーンに対応できるようになっているのです。
iPhone 13

カメラはiPhone 12 Proシリーズ同様3眼構成だが、望遠カメラが光学3倍ズーム相当となり、超広角カメラでマクロ撮影ができるようになった

そしてもう1つ、iPhone 13 Proシリーズはディスプレイのリフレッシューレート120Hz駆動、要するに1秒当たりの画面書き換え回数が、通常の60回から最大120回に増えており、画面のスクロールやゲームのキャラクターの動きなどが一層なめらかになっています。同様の性能は最近、Androidスマートフォンのハイエンドモデルで多く採用されているのですが、iPhone 13 Proシリーズは動作しているアプリに応じて画面の書き換え回数を動的に変えることで、消費電力を抑えながらなめらかな表示を実現しているのがポイントとなっています。

そうしたことからiPhone 13 Proシリーズは、iPhone 13シリーズよりも撮影シーンの幅にこだわりたい人、あるいはオンラインの対戦ゲームプレイにこだわっている人などにとっても選ぶ価値があるといえるかもしれません。


【おすすめ記事】
「Apple Watch Series 7」は買うべきか? 画面領域の拡大、高速充電、防塵対応……専門家がチェック
10月からの「SIMロック原則禁止」で何が変わる? 注意点は
3GBで月額990円、LINEMOの新プラン「ミニプラン」は誰に向いている?
スマホのバッテリーを長持ちさせる充電方法とは? 発熱・発火事故も心配……
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。