スマートフォンの普及で動画コンテンツ「VLOG(Video Blog)」が手軽に制作できるようになりました。ただ、手で持ちながら撮影をする場合、どうしても気になるのが手振れ。今回は8月20日に発売開始し、手振れ防止の「ジンバル機能」を搭載したおすすめ機種「MOZA MOIN CAMERA」を紹介します。
 

MOZA MOIN CAMERAの3軸手ブレ補正機能

MOZA MOIN CAMERA

MOZA MOIN CAMERA

「MOZA MOIN CAMERA」は、3軸手ブレ補正機能を搭載したジンバルカメラです。センサーは1/2.3インチ(1200万画素、CMOSセンサー)、カメラF2.2、4K動画対応で、高画質な動画の撮影ができます。静止画の撮影も可能で、最大サイズが4000×3000ピクセルとなります。
MOZA MOIN CAMERA

MOZA MOIN CAMERA

3軸手ブレ補正機能は、本体が多少揺れても、ジンバル機能により水平を維持。画面が揺れずに安定した撮影が可能になります。本体を高い位置や低い位置にしても、水平を維持できるため、自由なアングルで撮影ができます。
 

超広角14mmカメラでセルフィー撮影が便利

超広角14mmカメラ(120度)を搭載しており、広範囲の撮影に対応しています。また便利な機能として、セルフィーはボタン操作で簡単に切り替えることが可能。セルフィーを選択すると、カメラの向きが180度回転して自撮りができます。
超広角14mmカメラで静止画撮影例

超広角14mmカメラで静止画撮影例

2.45インチタッチスクリーンモニターで、撮影時の設定や撮影したデータの確認が可能です。また、タッチスクリーンは、上下左右スワイプでメニュー画面を呼び出すことができます。
メニュー画面

メニュー画面

動画は、タイムラプス、スローモーション撮影も可能です。
動画メニュー

動画メニュー

マニュアル操作により露出、ISO感度、ホワイトバランスの設定もできます。スマホアプリ「MOZA Artist」で、スマホからのコントロールや動画、写真の転送、編集作業に対応しています。
マニュアル操作

マニュアル操作

その他の仕様としては、重さは175g、バッテリー930mAh、動作可能時間145分(1080p/30fpsで撮影時)、充電時間90分(5V/2Aで充電)、microSDカードを使用します。USB-Cポートから充電が可能です。
USB-Cポート

USB-Cポート

手振れのない安定した動画でVLOGを撮影したいユーザーに「MOZA MOIN CAMERA」はおすすめです。


【おすすめ記事】
忘れ物防止タグの中で「AirTag」が優れている理由
在宅勤務時の体調管理に! 低価格スマートウォッチ「Mi Watch」のススメ
Googleの新スマートフォン「Google Pixel 5a」はどんな人におすすめの機種か
仕事でも使えるタブレット! コスパ抜群の高性能11インチ「MatePad 11」

【関連リンク】
MOZA MOIN CAMERA
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。