太陽と火星がおとめ座を、水星と金星はてんびん座のフィールドを分け合うように進んでいきます。修正、修復、調整力が強まって、一時期あった「この先、どうなるの?」という社会不安は薄らいでいくでしょう。また、コロナ禍とリンクしていた天王星と土星の緊張も一度落ち着きます。回復のターンに入っていくのです。
12星座占い!2021年9月前半の運勢【てんびん座~うお座】

12星座占い!2021年9月前半の運勢【てんびん座~うお座】

 

てんびん座(9月23日~10月23日生まれ)

直感キラリ! 全ての情報が出そろわなくても、この先の流れや人の気持ちがピンときそう。どうするのがいいのか、感覚的に分かるのです。ただ、それを人に説明したり、説得したりするのは、一仕事のはず。合理的な理由はなく、なんとなく感じることだからです。

そこで、多少、非常識、ワガママと思われても、あなたはあなたの道を行きましょう。ムダなことはしない、気が進まないことはパスするで、今期はOK! 自分の感覚に賭けることで、幸運体質が強化されます。恋も、自分ファーストで。おしゃれの主役はシャツ。万能で頼れます。
 

さそり座(10月24日~11月22日生まれ)

運気はパワーアップ中。集中力も高まって頑張りが効きます。ただ、周りは夏バテモードですから、張り切り過ぎると浮いたり、揶揄されたりするでしょう。そこで、オススメなのは、氷山マインドです。人の目に見せる部分はほんの少しで、本体は水面下に隠しておきましょう。すると、邪魔も入らず、やっている感も出て、バランスよく動けるはず。

副業開始、賞金付きの公募へのエントリーも有望です。人付き合いは聞き役に回ると、好情報をキャッチできそう。おしゃれは、ジェンダーレスで。恋は、感動のシェアがカギ。映画やスポーツに誘ってみて。
 

いて座(11月23日~12月21日生まれ)

不本意な運勢。あなたの思惑とは別の次元で物事が動きやすく、理想とは違う現実を受け入れなくてはならなくなりそう。行きたかったところ、やりたかったことが中止になる、公用と重なる、二度手間になる、余計なお金がかかるなど、ガッカリモードへ……。

でも、ここは諦めて流れに従ってみましょう。「こうなるといいな」を捨てることで、そこに執着していると気付かない別の幸せと出会えるのです。うまくいかない、思い通りにならないことが、次の幸運につながるので、楽しみにして。恋も、相手の都合と意向を尊重して。おしゃれは、シックに。
 

やぎ座(12月22日~1月19日生まれ)

振り切った運勢です。運に勢いがあり、動き出したら止まれません。急な坂道を滑り降りていくようなパワーと危うさがあり、根が慎重で堅実なやぎ座さんとしては、急ブレーキをかけたくなるでしょう。でも、今期必要なのは、野生のカンにも似たコントロール力だけ。行けるところまで行く、大ジャンプで次元を超えるつもりでいるとよさそう。大丈夫、あなたには運を乗りこなす腕と器があります。自分を信じて! 

アクティブな期間ですから、おしゃれは、動きやすく。恋は、リアルに会えば動きます。事情が許さない場合は、小休止で問題なし。
 

みずがめ座(1月20日~2月18日生まれ)

良いことと悪いことがマーブル模様。自由にやらせてもらえるけれど、その分、縛りがきつかったり、尊敬できる人のチームの中にソリが合わない人がいたりしそうです。パーフェクトな世界にはなりにくいのですが、ストレスのモトになっていることが、実は、幸運の起爆剤と言えそう。

合わない、やりにくいことから逃げずに正面から向き合ってみましょう。建設的な話し合いや納得のいく落としどころが見つかって、苦手克服の手がかりをつかむはず。オフは、新しい知識や技術の習得が充実。おしゃれは、レトロに。恋は、密会風デートが好評。
 

うお座(2月19日~3月20日生まれ)

一筋縄ではいかない運勢です。簡単に見えることが、意外に手間と時間がかかったり、難しそうに感じることがやりがいに満ちていたりするでしょう。対人面でも、いい人キャラに闇があったり、つっけんどんな人が優しかったり、見かけやイメージだけでは読み切れません。

先入観を捨てて、ご縁のある話やつながりを大事にしていきましょう。自分で意図して何かを選ぶよりも、運を天に任せてなりゆきで来たものを受け入れていくほうが、楽しいし、うれしい展開につながります。恋は、ムードにこだわって。おしゃれは、レディライクに。

>【前半の星座はこちら】
大人のための12星座占い!2021年9月前半の運勢【てんびん座~うお座】


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。