そもそもチルド室とは? 特徴や役割

冷蔵庫のチルド室に入れたほうがいいもの、入れないほうがいいものとは

冷蔵庫のチルド室に入れたほうがいいもの、入れないほうがいいものとは

冷蔵庫にあるチルド室。何気なく使っている人も多いと思いますが、そもそもどんな働きをしてくれるのでしょうか。チルド室に入れるものは本来なにがいいのでしょうか。

チルド室とは、冷蔵室と冷凍室の中間の役割をし、凍る直前の温度で食材を保存できるエリアになります。一般的な冷蔵庫の温度設定では以下の温度が目安となっています。
  • 冷蔵室 3~6度
  • チルド室 0~2度
  • 冷凍室 マイナス20~マイナス18度
そのため、チルド室に入れておくと冷蔵室よりも保存期間が数日長くなるのが特徴です。今回はチルド室の適正温度やチルド室に入れたほうがいいもの、入れないほうがいいものをご紹介します。
 

チルド室に入れるものは何がいい?

それではチルド室には何を入れておけばいいのでしょうか。鮮度を保ちたく比較的すぐに使うものは、冷凍室ではなく、チルド室に入れておくのがおすすめです。

肉や魚など傷みやすいものは、冷蔵室よりもチルド室に入れるのがおすすめです。また肉や魚を使った加工品、ソーセージや練り物などもチルド室に入れたほうがよいでしょう。

納豆やキムチなど発酵食品もチルド室に向いている食品です。とくにキムチは時間の経過とともに熟成が進み味が変わってくるため、少しずつ食べたい場合はチルド室に入れておくのがおすすめ。低温で保存されるため熟成スピードがゆるやかになり、味がすぐに変わってしまうことを防げます。
 

チルド室に入れないほうがいい食品は?

水分が多い食品はチルド室に向かない

水分が多い食品はチルド室に向かない

万能のように思えるチルド室ですが、水分を多く含む食品は0~2度のチルド室で保存すると、食品の中の水分が凍ってしまい味が変化してしまう可能性があります。そのため、豆腐などは冷蔵室で保存することをおすすめします。

毎日使う冷蔵庫だからこそ、それぞれの温度帯の特徴を知り、食材にあった場所で保存したいですね。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。