元夫からのモラハラ・DV:度を越した亭主関白っぷり

元夫からのモラハラ・DV:度を越した亭主関白っぷり

元夫からのモラハラ・DV:度を越した亭主関白っぷり

「夫からのモラハラ・DV」「50代での再婚」を経験したMKさん(50代、女性)に、当時の出来事や心境、問題をどう乗り越えてきたかを、できる限り細かく具体的に語っていただきました。

Q:元夫さんからは、どのようなモラハラ・DV被害を受けていましたか?

モラハラが始まったのは、結婚してからです。結婚前はまったく気づかなかったんですよ、「独占欲の強い人だなあ」と思うくらいで。

元夫は、とにかく何でもかんでも自分に従わせようとする人でした。俺がこの家のルール、という感じですね。言葉もとても威圧的でした。

具体的には、まず、行動制限が異常なほど厳しかったです。「1人で外出するときはお化粧するな」とか、「同窓会は参加禁止」とかね。

それから家事についても、完璧を求められました。目の前に麦茶ポットとコップがあっても私に「お茶」と言ってきたり、インフルエンザで寝込んでいるときでもご飯は作るよう指示してきたり……。

元夫はよく早朝から釣りに行っていたのですが、その日は私も朝方に起きてお弁当を用意して、洋服や持ち物をきれいに並べておかないと怒鳴られました。そんな毎日だったので、ストレスで脱毛症になったこともあります。

とくに子供が産まれてからは、モラハラ度合いがエスカレートしました。女友達と出かけることすら、いい顔をしなかったんです。何度もお願いしてようやく、年1回出かけられるようなレベルでした。元夫自身は頻繁に飲みに行っていて、連絡もなく朝帰りなんてことも珍しくなかったのに、ですよ。

あとは性行為についても、こちらの意思はまったく関係なく求められました。拒否なんてできるわけもなく、苦痛でしたね。

Q:元夫さんからのモラハラ・DV行為に対して、どう対処していましたか? また、周囲には相談していましたか?

最初のころは話し合おうとしたり、反抗したりもしていたのですが、そのたびにガーッと言い返されて、「この人には何を言っても伝わらない」と感じるようになってしまって。だんだん、何も言い返さなくなりました。

一番の相談相手は子供でした。子供が私の味方になってくれて、とても心強かったです。

あとは、仲良しのママ友に相談していました。「絶対におかしいよ」と言われ続けていましたね。そうやって、周りが「おかしい」と言い続けてくれたことが、離婚に踏み切る勇気をくれました。

=====

この先は「経験シェアリングサービス『エクシェア』note版」にてお読みいただけます(有料)。

「離婚したくない元夫が根負けして離婚に応じてくれた理由」「想像していたシングルマザー生活とのギャップ」などについても、詳しくお話しいただいておりますので、ぜひご一読ください。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。