老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、年金制度上の、自分の年齢の数え方についてです。年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。
 

Q:私はこれから年金受給者となりますが、何月何日に、65歳になりますか?

「私は9月12日が誕生日で、65歳になります。年金制度上では、年をとるときの数え方が違うと聞きました。私は、年金制度の上では、何月何日に、65歳になるのでしょうか?」(64歳・アルバイト)
 

A:9月11日(誕生日の前日)が65歳に達した日となります

年金の受給権発生日とは誕生日の前日です。質問者は9月12日が誕生日とのことなので、前日の9月11日を65歳に達したとみなされ、年金の受給権が発生します。
 
ちなみに、現時点(令和3年9月時点)で、65歳から年金受給者となるのは、昭和36年4月2日以降生まれ(女性は、昭和41年4月2日以降生まれ)の人と、厚生年金期間が1年未満で国民年金期間が長い人です。
 
過去に会社員経験があり、厚生年金期間が1年以上ある人は、生年月日に応じた年齢(60歳から64歳)で、「特別支給の老齢厚生年金」の受給権が生じ、65歳に達するまでの間支給されます。自分の職歴と生年月日により、年金受給者になれる年齢を確認して、受給権発生の誕生日前日以降に年金請求の手続きをしてみてください。(日本年金機構HP参照

※年金についての質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

【関連記事をチェック!】
18歳から会社員。63歳になる前に、年金の44年特例で、退職を選択してもいい?
65歳で失業保険はもらえなくなりますよね。70歳まで働いた方が有利?
60代前半の年金をカットされたくないのです。いつまでに収入を下げればいいですか?
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/11/1~2021/11/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。