老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に回答します。今回は、年下の自営業の夫がいる会社員の妻が、加給年金をもらえるのかについてです。
 

Q:年下、自営業の夫がいる妻は加給年金をもらえる?

「私は58歳で大学卒業後、ずっと会社員です。夫は48歳で会社勤務の経験がなく、ずっとフリーランスです。コロナで仕事がほぼなくなり、月5万円ぐらいのバイト収入のみです。私が夫を養っている状態なのですが、このままの状態が続いた場合、私も加給年金をもらうことができるんでしょうか? 子どもはいません」(東京都・58歳)
 

A:妻が65歳時点で、現在と同様に夫を扶養していれば、受け取ることができます

加給年金とは、厚生年金に原則20年加入した人が、要件に当てはまる配偶者や子どもの生計を維持している場合に、老齢厚生年金に上乗せされて支給される年金です。

相談者は子どもがいないと書かれているので、配偶者の要件が当てはまるかで、加給年金をもらえるかを判断します。配偶者の要件とは、

・老齢厚生年金の受給権を取得した人に、生計を維持され、65歳未満であること
・前年の収入が850万円未満であること。または所得が655万5000円未満であること

となっており、扶養される側の配偶者が、厚生年金の加入期間が20年以上の年金、または障害年金を受けられる間は、配偶者加給年金額は支給停止されてしまいます。

相談者は、大学卒業後、ずっと会社員とのことですので、厚生年金保険の被保険者期間が20年以上あると思います。夫は10歳年下で収入も月5万円ということなので、妻が65歳到達時点で、現在と同じように一家の生計を維持しており、夫の収入も変わらなければ、老齢年金を受け取るときに、加給年金ももらうことができます。

加給年金額を加算してもらうためには、年金事務所に届け出が必要です。令和3年度現在の加給年金額は、22万4700円に16万5800円が特別加算され、合計で39万500円を受給できることになります。加給年金は、夫が65歳になるまで支給されるので、忘れずに届け出をするようにしましょう。


※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
年金生活に入るなら、マイナンバーカード作っておいたほうがいい?
年金事務所ってどこにある? 年金の相談は市役所でできるの?
フリーランス夫婦で老後資金が足りません。年金を繰上げ受給するとどうなりますか?
今、年金保険料をたくさん払えば、将来、もらえる年金も多くなるのですか?
 

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。