老後のお金や生活費が足りるのか不安ですよね。老後生活の収入の柱になるのが「老齢年金」ですが、年金制度にまつわることは、難しい用語が多くて、ますます不安になってしまう人もいるのではないでしょうか。そんな年金初心者の方の疑問に、専門家が回答します。今回は、老後資金が足りないフリーランス夫婦の年金の繰上げ受給についてです。
 

Q:老後のお金がなく年金の繰上げ受給をしたいです

「夫58歳、私は59歳。会社勤めをしたことがなく、ずっと自由業だった夫婦です。今まで色々なお金がかかり、収入も不安定で、コロナ禍もあり貯金はほとんどありません。年金を繰上げ受給できますか? 夫婦で同時にしたほうがいいのでしょうか? 収入は2人で月20万円ほどです。」(東京都・フリーランス・59歳)
 

A:繰上げ支給の減額率は一生変わりません。注意が必要です

会社勤めをしたことがなく、ずっと自由業とのことですので65歳から受け取れる老齢年金は、「老齢基礎年金」のみとなります。令和3年度の現行制度では、60歳から繰上げ支給の請求をすると、65歳から受け取った場合の年金額より30%減額された年金を受け取ることになります。その減額率は一生変わりません。請求の取り消しや変更をすることはできないので注意が必要です。60歳で受け取った場合ですが、国民年金の満額が月約6万5000円だとすると、4万5000円程度の受け取りに減ってしまうということになります。

また、繰上げ支給の請求をすると、さまざまなことができなくなります。例えば、国民年金に未納期間がある場合などは、60歳以降に任意で国民年金に加入することで、保険料を追納することができる制度がありますが、繰上げ支給の請求をするとこの制度を利用できず、保険料を追納することもできなくなります。

障害基礎年金を請求することもできません。また、老齢基礎年金を繰り上げて請求した後は、寡婦年金は支給されません。相談者の老後の生活安定のために重要なことは、できるだけ年金の受け取りを繰り下げることで、多くの老齢年金を受け取ることです。

夫婦で自営業以外のバイトをしてみるなど、収入を増やすことはできないでしょうか? また節約できることはないのでしょうか? 老齢基礎年金の繰り上げ支給は、もしどうしても必要であれば、夫婦どちらか一方の年金だけにすることも検討してみてください。老後の生活を安定させる柱である公的年金は、一生受け取ることができます。できるだけ長く、少しでも多くもらえるよう、日々の生活を見直すことをまずやってみましょう。

※年金プチ相談コーナーに取り上げて欲しい質問がある人はコメント欄に書き込みをお願いします。

監修・文/深川弘恵(ファイナンシャルプランナー)

【関連記事をチェック!】
60歳になってしまった。これから将来もらえる年金を増やすには?
5月15日生まれの私。5月1日生まれの友人は、私より年金を多くもらったみたいです
「付加年金」で将来もらえる年金を増やすことができる人は?

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。